FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 打者大谷でMVP

<<   作成日時 : 2016/07/16 23:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

オールスターゲーム第2戦。
舞台を横浜スタジアムに移してプレーボール。

昨日は全セが競り勝って昨年から3連勝。
先発は全セ・石田、全パ・涌井の両投手。

試合は全セが2回に4番・筒香選手の2試合連続ホームランで先制して、その後の3連打と鈴木誠也選手の犠牲フライで1点追加。
3回には丸選手が全パの2番手・塚原投手からソロホームランを打って追加点。

4回まで無得点だった全パは5回にDHとして先発出場している大谷選手がレフトスタンドに飛び込むホームランと浅村選手の2ランホームランで3点を返して同点に。

7回表に全パがラッキーな形で1点勝ち越すが、その裏に全セが2点を返して逆転。
しかし全パも8回に大谷選手が、この試合3安打となるタイムリーヒットで同点に追いつくシーソーゲーム。
結局、試合は5−5の引き分けで試合終了。
MVPには3安打2打点2得点の大谷選手が選ばれました。

8年ぶりの開催となる横浜スタジアムでのオールスター。
TVからも熱気が伝わって来ていましたね。
お隣の山下公園では花火大会が行われていて、試合中に花火が観られるおまけつき。
自分も横浜スタジアムで観戦したかったです。(チケ争奪戦完敗・・・)

昨日の試合でMVPに輝いた筒香選手が本拠地・横浜スタジアムで先制ホームラン。
今シーズン22本中20本が横浜スタジアムですが、その相性の良さをオールスターでも発揮。
しかも打った投手が横浜高校の先輩・涌井投手からというのは筒香選手にとって価値ある一発だった筈です。

しかし、今日の主役は、やはり大谷選手。
投手としてファン投票1位で選出されましたが、前回登板時のアクシデントで投げられる状態でない為に打者としての出場。
もっとも、今シーズンの打者としての成績も申し分ないので、スタメン出場には異論ありません。

昨年は投手としては最多勝に輝きましたが、打者としては2割ギリギリ。
そろそろ二刀流の分岐点にきたかなと思いましたが、今季は打者としてもスケールアップ。
もし、打者1本に専念していたら、どれ程の打者になっていたのでしょうか?
想像するのも難しいです(汗)

これで今年のオールスターは全セの1勝1分け。
明後日からペナントレースが再開します。
セはカープが独走状態、パはホークスの独走状態からファイターズが一気に追い上げて態勢に入ってきましたが、ここから秋までにどのような展開に変わっていくか?
両リーグの動向に注目です。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ) 2016年 カレンダー  壁掛け B3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
打者大谷でMVP FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる