FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS カード乱発で大荒れな試合も逆転勝利

<<   作成日時 : 2016/07/02 22:54   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ2ndステージ第1節。
浦和レッズは、アウェー・レベルファイブスタジアムにてアビスパ福岡との対戦。

1stステージは3位で終えたレッズ。
中断期間を挟む事なく迎える第2ステージ。
まずは最下位チームとの試合だが、きっちり勝って今の順位をキープしたい戦い。

先週の神戸戦で肘を痛めた遠藤選手がベンチ入りせずに那須選手が2試合連続スタメン。
神戸戦で出場停止だった槙野選手が2試合ぶりのスタメン。

試合は、前半23分に槙野選手がPA内で相手を倒してしまいPKを献上。
そして、槙野選手は一発レッドカードで退場。
このPKを、あっさり決められてアビスパに先制点を奪われる。

その後も数的不利に立ったレッズが守勢に回る事が多くなるが、前半43分にFKから那須選手が頭で合わせる同点ゴール。
前半は1−1で後半に折り返し。

後半19分にレッズがFKから興梠選手が決めて逆転に成功。
最後は1人多いアビスパの猛攻を受けるが、何とか凌いで試合終了。
浦和レッズが1人少ない不利な状況を引っ繰り返して2−1でアビスパ福岡に逆転勝利。
2ndステージ開幕戦を白星発進しました。

今回の試合は不参戦でCS契約もしていないのでネットで試合経過を確認する程度。
もし、福岡へ行けていたら、丁度博多祇園山笠が行われている最中。
場合によっては昼はホークスvsファイターズ戦で夜はアビスパvsレッズのハシゴ観戦が可能だったのですね。(明日は大谷投手が投げるらしいから明日に回してもいいのだが)
そして鳥栖ではFC東京がアウェーゲームだったので、きっと今頃は中洲や天神でレッズサポと瓦斯サポが一触即発呉越同舟しているでしょうね。

槙野選手が一発レッドと聞いた時は驚きましたがVTRを確認した限りでは妥当なジャッジ。
2ndステージからは一部ルールの見直しがあり、その内容は「今までPA内の得点機会阻止は PK、退場、次節出場停止の三重苦が、 ボールにプレイしてのファウルの場合、警告に変更となる。 ただし、掴んだり倒したりというのは変わらず退場」と言うもの。
つまり槙野は手を使って相手を倒したので一発退場が適用されたようです。

それにしても槙野の軽率なプレーは罰金レベル。
前の試合で休みだったにも関わらず、出場停止明けの試合で前半の早い時間帯に退場で次節は出場停止。
もし、この試合を落としていたら戦犯は間違いなく槙野が挙げられていたでしょう。
以前から手癖の悪さを指摘されているにも関わらず、懲りずに手を使って相手を倒しての退場。
これがA代表のDFなのかと嘆きたくなります。

そんな1人少ない状況でも逆転できたのは力の差もあるけど、2点ともセットプレーからの得点。
やはり那須選手がいるとセットプレーの幅が広がるし、後半に相手の意表を突くようなグラウンダーのパスを落ち着いてトラップして反転シュートを決めた興梠選手の技術も見事。
これまでは得点に匂いが全くしなかったセットプレーから得点出来るというのは2ndステージに向けて好材料ですよ。

それにしても主審があまりにも酷かったようで。
槙野の一発レッドは当然にしてもイエローカードが福岡4枚浦和2枚とカード乱発。
この数字だけで荒れた試合だった事が伺えます。

そして試合終了後には元レッズの選手でもあるアビスパの濱田選手が退場処分。
同点ゴールが認められなかった事に対して審判に対して手を出してしまったと言われています。
確かにスポーツニュースのVTRで観ると、最後のシーンはゴールラインを割っているようにも見えたし、ゴールラインは割っていなくてもレッズのフィールドプレーヤーの選手の手に当たっていたようにも見えた。
結果はどうであれ、ここまで主審がゲームをコントロール出来なかった経緯があるだけに最後の結末もお互いのチームにとって後味の悪いものになってしまった事が否めませんね。

次節はホーム・埼玉スタジアムで柏レイソルとの対戦。
2月の開幕戦では勝利している相手だが、監督も代わって途中加入選手の補強などチームも変わっているので別のチームと対戦すると考えた方がいい相手。
次節は槙野不在で場合によっては遠藤不在も考えられるが、そこは監督の腕の見せ所ですね。

最後に福岡まで参戦されたサポの皆様、お疲れ様でした。
勝利の美酒とともに味わう福岡グルメも楽しんでいって下さい。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アビスパ福岡ALL GOALS J.LEAGUE 1996-2015 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
先ほど昼過ぎに九州から帰ってまいりました。試合そのものは槙野の軽率なファールと一発退場で、そこから色々な意味で”滅茶苦茶”な試合になりました。主審のジャッジも酷かったですし、数的優位なのに逆転される福岡も・・・レッズも試合状況お構いなしに攻めるだけ攻めて、ある意味で玉砕戦法が運良く成功した感じでした。まあアウェーなので、そこは結果オンリーですけどね。

当日の福岡は、レッズサポと東京サポで溢れていましたね。福岡と鳥栖、この夜の試合で明暗が分かれました。
うえ
URL
2016/07/03 18:19
 >うえさん
こんばんは。
福岡遠征お疲れ様です。
博多の街にはレッズサポとFC東京サポで溢れていましたか。
本当に試合結果は明暗を分けた形になりましたね。
試合はかなり荒れたようで、最後も後味の悪さが残りましたが、年間総合勝ち点を考えると勝利で終えられた事は素直に嬉しいです。
あと槙野には猛省を促したいです。
FREE TIME
2016/07/03 20:59
何時もお世話になっております。

浦和にしてJ1在籍して史上初となる10人からの逆転試合というのはこれだけ歴史を重ねたクラブでもなかった事に驚きました。
ルールが1部変わったもののボールにいかないファウルは基本退場処分に変わりないという事でしょうね。ボールに行って倒した場合は警告という認識でよいのかもしれません。
浦和の場合はレギュラー2人が欠くだけにその2人不在の間の試合が難しいでしょうね。
うちは残念ながら後半開幕を飾れませんでした。
次の対戦という事ですがズバリクリスティアーノに止まったボールを蹴らさない事でしょうね。うちはこれでやられたので不用意なファウルは全て得点の危険があると思った方がよいでしょう。それさえ防げば浦和にとって怖い相手ではないと思います。
うちは病気で闘っている選手のために1つになっているのでその思いに応えられる試合をしていきたいと思います。
PGM21
URL
2016/07/03 22:53
 >PGM21さん
お世話になっております。
レッズにとって10人からの逆転勝ちというのがチーム史上初だったというのは驚きでした。
以前にアウェー・鹿島戦で10人から2点差を追いついた試合がありましたけど(笑)
槙野の一発退場は妥当なジャッジだったので、これを機に槙野自身も手癖の悪さを改善してくれたらと願っています。
柏の新情報ありがとうございます。
クリスティアーノとは昨年の天皇杯準決勝で対戦しているので対策は充分練っていると思います。
それでも開幕戦のようにはいかないと思っているので先取点がほしいですね。
FREE TIME
2016/07/04 22:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カード乱発で大荒れな試合も逆転勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる