FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS クロウいらずでマリーンズ快勝

<<   作成日時 : 2016/06/12 19:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

交流戦も4カード目。
今日はQVCマリンフィールドにて千葉ロッテマリーンズvs東京ヤクルトスワローズの試合を観戦してきました。

昨日は埼スタでナイター観戦。
今日はマリンでデーゲーム観戦と強行スケジュール。
千葉県に在住している知人が1,000円でチケットが買えるとの誘いから行ってみる事にしました。(1000円で観戦できる手段はここでは割愛させていただきます)

マリーンズの交流戦と言ったらNHKのニュースでも報じられたが挑発ポスター。
昨年は覆面レスターでしたが、今年は交流戦なのに非交流戦士マジワランといったロボットでセ・リーグの6球団を挑発するといったもの。
6球団のポスターをデジカメで撮りましたが、ここでは今日の対戦相手であるスワローズ用のポスターを掲載します。
画像

試合前の始球式では女優の小松菜奈さんが登場。
一昨年に公開された「渇き。」という映画で一躍有名になった彼女ですが、スコアボードから映し出される顔を見て綺麗な顔立ちだなと感心しましたよ。
ちなみに自らがCMに出演しているロッテの新製品のPRも兼ねているようですw
画像

先発はマリーンズ・唐川、スワローズ・原樹理の両投手。
初回にマリーンズが4番・デスパイネ選手のタイムリーで先制したが、スワローズは3回に同点に。
マリーンズは4回に一死満塁から田村選手の犠牲フライで勝ち越し。

その後も6回には清田選手の2点タイムリー、7回にはデスパイネ選手に3ランホームランが出て勝負あり。
守っても5回1失点と好投していた唐川投手に代えて6回から継投。
6回以降も強打のスワローズ打線に反撃の機会も与えずに試合終了。
画像

マリーンズが7−1でスワローズに快勝し、今カードの勝ち越しが決定。
これでQVCマリンでのホームゲームは7勝2敗の好成績で終えて、残り6試合をビジターで迎えます。
対するスワローズは交流戦4カード連続負け越し。

両先発投手の試合前の防御率を見て打撃戦は必至だなと思っていましたが、5回まではロースコアゲーム。
まさか唐川投手がスワローズ打線をあそこまで抑えるとは思っていませんでした。
しかし、6回から継投策に踏み切る当たりは、首脳陣の唐川投手に対する評価は低いのかなと感じました。

お立ち台には清田選手とデスパイネ選手の2人。
昨シーズンは3割打ってレギュラーに定着した清田選手ですが、今季は2割台前半と低迷。
中軸から下位打線に降格させられるなど不調が続きますが、今日の試合では3安打2打点の活躍。
お立ち台では涙ぐむ姿がありました。
画像

パ・リーグはホークスが交流戦でも圧倒的強さで独走態勢に入っていますが、マリーンズを含むパの5球団の巻き返しを交流戦後に見せてほしいものです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小松菜奈1st写真集「Trabzon」 (Angel works) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
クロウいらずでマリーンズ快勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる