FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 西村劇場復活で6連勝

<<   作成日時 : 2016/06/04 19:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6月最初の土曜日。
今日も昨日に続いて東京ドームにてジャイアンツvsファイターズ戦を観戦してきました。

昨日はジャイアンツが終盤のファイターズの猛追を振り切って5連勝中。
セ・リーグ首位・カープと0.5差まで詰めてきて、今日の結果次第では首位浮上も見えてくる戦い。
先発はジャイアンツ・今村、ファイターズ・メンドーサの両投手。
画像

試合は初回にファイターズが今村投手の不安定な立ち上がりを攻めて3点を先制したが、ジャイアンツがその裏に1点返した後にクルーズ選手に3ランホームランが出て4点を返して逆転に成功。
しかし、ファイターズも4回に4番・中田選手に同点ソロホームランが飛び出して、試合は振り出しに。

両チームとも早いイニングで継投に入ったが、ジャイアンツが6回に阿部選手にホームランが出て勝ち越し。
ジャイアンツの2番手・宮國投手は3イニングを完璧に抑える投球で試合の流れを掴む。

ジャイアンツベンチは8回から右ひじの手術からの復活を懸け今季初登板の西村投手を起用。
その西村投手が無死満塁と一打逆転のピンチを自ら招いたが、ここから3人を抑える力投で1点のリードを守り抜く。
9回は山口投手が3人で抑えて試合終了。

試合はジャイアンツが5−4でファイターズ相手に連日の1点差勝利で6連勝と交流戦全勝キープ。
首位・カープは降雨コールドによる引き分けに終わった為、ジャイアンツが首位に再浮上しました。
画像

画像

1回表にファイターズが3点を先制した時は一方的な試合になるかと思いましたが、その裏にクルーズ選手の3ランなどで4点取って逆転。
東京ドームならではのホームランでしたが、今振り返ると効果的な3ランでした。

決勝打を打ったのは阿部選手。
打った瞬間に、それとわかる当たりでライトが一歩も動かず。
打率は2割を切っていますが、打ったホームラン2本はいずれも決勝打と、やはり存在感の大きさを際立たせてくれます。

不安定な投球で4回で下された今村投手に代わって2番手で登板した宮國投手が3イニングを全て3者凡退に抑える完璧な投球。
中田、陽といった打者を球威で打ち取るなど、今日の宮國は付け入るスキのないピッチングでした。

8回のマウンドには今季初登板となる西村投手を投入。
先頭打者をいきなり死球を出して2本のヒットで無死満塁。
手術前と変わらない劇場開演でしたが、ここからレアード選手をフルカウントからのフォークを空振り三振。
最後の谷口選手には151キロのストレートで見逃し三振という自作自演の劇場ぶり。

9回は山口投手があっさり三者凡退に抑えての6連勝。
マシソン、澤村と使えない苦しい状況の中での勝利は非常に大きいと思います。

明日の予告先発はジャイアンツ・高木、ファイターズ・大谷の両投手。
投手としては勿論、打者としても今季は絶好調の大谷選手。
セ・リーグ主催のゲームながら、実質的にはDH制で戦っているようなもの。
相手投手に打たれる事の多い高木投手が打者・大谷を抑えられるのかにも注目ですよ。

最後に球場グルメを。
今回選んだのは、坂本選手プロデュースの弁当。

ご飯の上に韓国海苔と高菜めんたいが振りかけていて、プルコギやハンバーグといった肉類も取りそろえたメニュー。
肉が多かったので、野菜をつけていても良かったのではないかと思いますが、ご飯が進むしボリュームもある弁当でした。
画像



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 読売巨人軍 読売ジャイアンツ 阿部慎之助プロデュース アベドッグパペット 2012 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
西村劇場復活で6連勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる