FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後はヒヤリの5連勝

<<   作成日時 : 2016/06/03 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

交流戦は2カード目。
今夜は仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsファイターズの1戦目を観戦してきました。

開幕カードはバファローズに3連勝したジャイアンツと、2勝1敗で終えたファイターズ。
今カードはセ・リーグ本拠地での試合なのでDH制が使えない点をファイターズがどうやって活かすかも試合の笑点。
先発投手はジャイアンツ・菅野、ファイターズ・吉川の両投手。
画像

試合は初回にジャイアンツが4番・長野選手のタイムリーで先制。
ジャイアンツの先発・菅野投手は毎回のように走者を出す苦しい投球だったが、要所は抑えてファイターズ打線を無失点に抑える好投。
追加点のほしいジャイアンツは5回に坂本選手の3ランと村田選手のタイムリーで4点を追加して吉川投手をKO。

6回まで無失点に抑える好投を続けてきた菅野投手だったが、7回に3安打を浴びて1点を失う。
尚、この失点が今季初のタイムリーによる自責点になります。

ジャイアンツベンチは8回から継投に出たが、3ランホームランを打たれて、たちまち1点差に。
9回も澤村投手が3四球と制球に苦しんだが、何とか最後の打者をレフトフライに抑えて試合終了。
ジャイアンツが5−4でファイターズに競り勝ち、これでリーグ戦と合わせて5連勝。
交流戦も、ここまで4戦無敗としています。

5年前のドラフト会議でファイターズの1位指名を拒否して浪人の末にジャイアンツに入団した菅野投手。
公式戦でのファイターズ戦は今回が初登板。
彼自身にも意識する部分はあったかと思います。

5回まで毎回走者を出すなど苦しい投球が続いていたが、7回を1失点に抑える好投。
タイムリーヒットによる自責点は今季初ですが、一方で今季併殺打がなかったファイターズの中島選手をピッチャーゴロダブルプレーに抑えるなど、滅多に見れないものを2つ生観戦で観る事が出来ました。
画像

画像

坂本選手にも3ランが飛び出すなど5点差とした時点でジャイアンツが楽に勝てる展開だったのですが、8回以降の投手が不安定で終わってみたら1点差。
この5連勝の間でマシソン、澤村両投手は全試合投げているので連投の疲れも隠せませんでしたね。

菅野投手の、この次の登板が予想されるのが来週金曜日のホークス戦。
パ・リーグを圧倒的強さで首位を走るホークス相手に、どこまで抑えることが出来るのか注目ですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
最後はヒヤリの5連勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる