FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 泥沼の3連敗でステージ優勝消滅

<<   作成日時 : 2016/06/18 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ1stステージ第16節。
浦和レッズは、アウェー・エディオンスタジアム広島にてサンフレッチェ広島との対戦。

今月に入って2戦2敗のレッズ。
しかも、4試合連続無得点。
首位・川崎フロンターレ、2位・鹿島アントラーズとの勝ち点差が広がっていてステージ優勝も可能性が残ってるだけに、まずは不可能と言った状況。
まずは1点取りたい試合。

試合は4−2でサンフレッチェ広島の勝利。
ガンバ戦同様に、開始早々に先制点を奪われてしまう。

しかし、レッズは前半26分に関根選手が相手のミスを突いて、実に5試合ぶりとなるゴールで同点。
更に40分には宇賀神選手のゴールで逆転。
前半はレッズ1点リードで後半へ折り返し。

後半も序盤はレッズペースで攻めていたが、サンフレッチェが佐藤寿人選手を投入すると流れが変わり、CKから豪快なボレーを決められ同点にされる。
その後も守備が乱れて2失点を喫し、今季初の4失点。
これでリーグ戦5試合未勝利の3連敗。
1stステージ優勝がなくなるとともに、逆に4位以下との差が縮まってしまいました。

今日の試合はBSのサブチャンネルで中継されていたので、メインチャンネルの福岡vs川崎戦と並行してTV観戦していましたが、ほとんどの試合はレッズ戦の方に時間を割いていました。
やっと点が入ったと思ったら、今度は守備崩壊での4失点。
今季、ここまでリーグで最も少ない9失点だったのに、今日の試合だけに、まさか4点も取られてしまうとは・・・。
GK・西川周作選手30歳の誕生日は実に屈辱のバースデーになってしまったな。

サンフレッチェの森保監督は佐藤選手を投入して攻撃の枚数を増やして流れを変えたのに対して、レッズの監督は逆転された途端に前代未聞の3人同時交代。
しかも、その中に足を痛めて練習も別メニューだったとされる柏木選手も含まれていた。
その柏木選手は攻守に精彩を欠き、自身の致命的なミスから決定的となる4点目を奪われてしまった。

選手のパフォーマンスにも問題はあるが、今日は監督の差で負けたと言っても過言ではありません。
昨年、リーグ初黒星を喫した広島とのホームゲームでも監督の采配の差で負けている。
過去4年間の実績を考えても森保>ミシャである事には異論はありません。

大体3人同時交代なんて平常心を欠いているとしか思えないし、自分の采配ミスを認めているようにも感じます。
それに一昨年に興梠選手を強行出場させて失敗した過去を忘れたのか?
5年もいて、こんなレベルの采配しか出来ないのであれば、ミシャレッズは今季限りで終わりにすべき。
でも、フロントもフロントなので、ミシャ以上の監督を引っ張ってこれるとは思えない。

話しは逸れるが、今季の日程が決まった段階で広島遠征を考えていました。
ここ数年、3月に行われていたアウェー・広島戦。
今季は6月になった事で、プロ野球の試合と同日開催する事になったからです。
後は例のスタジアム問題で地元の興味がどうなのかも感じてみたかった。(ニュースになっている程、関心が低いようにも私は感じているのですが)
でも、明日の日曜日に別の予定が入ってしまったので断念する事に。

昼間のプロ野球ではカープが劇的な逆転サヨナラ勝ちで、夜はサンフレッチェが宿敵・レッズに逆転勝ち。
広島人にとってはたまらない1日になったでしょうね(棒読み)

次節は3日後。
ホーム・埼玉スタジアムにてFC東京との対戦。
ともにACLで決勝トーナメント進出を決めた影響で5月の試合が6月に順延になった試合。
どん底のチーム状態に追い打ちをかけるかのように、この過密日程。
次の試合までは相手も同じ条件で戦っているとはいえ、こんな無茶な日程で戦っているとなると、選手達が実に気の毒ですね。
2ステージ制になってから中断期間もないし。


サンフレッチェ広島2015 結集 [DVD]
ビデオメーカー
2016-03-30
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サンフレッチェ広島2015 結集 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
おっしゃる通り監督の差がまたも出ましたね。そのミシャなんですけど、森保の実績を見て恥ずかしくない訳ないと思うんですけどね、まともな人間だったら。
それでもスタイルを貫くと言い張っているようですが、本気で言っているのだとしたら”まとも”ではないですよね。

まあ過密日程の餌食になっているのも事実ですけど、それは始めからわかっていた事であり、そのために贅沢補強でスタメンクラスの選手を大量に保有している訳なので、その上で柔軟かつ計画を立ててチームを動かせない、やはり監督の大きな責任ですねぇ・・・。
うえ
URL
2016/06/19 18:50
 >うえさん
こんばんは。
昨年に続いて森保監督との差を見せつけられての敗戦。
もう言葉がないと言うか、何というか。
補強によって、どんなに豊富な食材を揃えても、料理人(監督)の腕がなければ無駄になってしまうと言う事をミシャを見て感じてしまいます。
まだ3位なのが救いですが、今のままでは中位まで落ちていく気がします。
FREE TIME
2016/06/19 19:34
何時もお世話になっております。

確かに浦和にしてはリーグで1番サポーターが金を出しているのにこの結果は何だ?という気持ちはよくわかります。全然頑張っていないうちからしたら厳しい言葉御もっともであります。広島も資金力あるチームでないだけに余計納得できないとなるでしょうね。
これは浦和、広島両チームに言える事ですが、すでに5シーズン同じ監督なのでそろそろ監督交代も視野に入っていると思いますが、問題は今の戦術があまりに特殊なことですよね。この戦術ができる監督となると・・・候補が限りなく限られるので次の監督を選ぶのは相当大変だと思います。10年の功績は認めるにしてもミシャの10年で広島、浦和で構築したシステムは普通の監督では扱えないほど特殊すぎてしまいましたからね。
監督交代ほど難しいものはないので浦和や広島の場合は3バックのできる監督を基本にしないといけないでしょうね。両チームとも選手の高齢化問題が急務なので後釜が上手くいかないと大変になりますからね。
うちは辛いニュースがあったばかりなので違う意味でこれから戦っていくことになりました。チームの枠を超えた支援の輪が広がればと思います。
PGM21
URL
2016/06/20 00:09
 >PGM21さん
おはようございます。
ミシャもレッズの監督になって5年目を迎えますが、正直、これ以上の上積みはないように感じます。
そうなると、やはり今季いっぱいが引き際なのではないかと思っていますが、フロントがどう動くのか不明ですね。
ステージ優勝はなくなりましたが、まだ年間総合順位の事もあるので、1stステージの残り2試合はいい結果で終えて、2ndステージに繋いでもらいたいです。
FREE TIME
2016/06/20 06:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
泥沼の3連敗でステージ優勝消滅 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる