FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS カープが再び首位浮上

<<   作成日時 : 2016/05/04 22:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日はみどりの日。
私は東京ドームにてジャイアンツvsカープの首位攻防戦を観戦してきました。

昨日は4番の一打でジャイアンツが先勝し、再び首位返り咲き。
首位攻防第2Rを制するのは、どちらか。
先発はジャイアンツ・江柄子、カープ・野村の両投手。
画像

試合はカープが2回と4回に野村投手自らのタイムリーで先制。
5回にも2本のタイムリーと相手のエラーで3点を追加し、ジャイアンツの先発・江柄子投手を5回途中でKO。

5回まで無得点だったジャイアンツは6回に野村投手と高校時代にバッテリーを組んでいた小林選手がタイムリーを打って1点を返すが、7回にカープに再び1点を取られて勝負あり。
結局、試合はカープが6−1でジャイアンツに完勝して、1日で首位の座を奪い返しました。
画像

江柄子投手と野村投手は明大時代に先輩後輩の間柄。(江柄子投手が3年先輩)
プロに入ってからは野村投手が先を進んでいて、今日も両先発投手の顔ぶれをみてカープが勝つかなと思っていましたが結果としては予想通り。
しかし、野村投手自らの打撃で2点取る事までは予想外でした。

2本のタイムリーともライトの長野選手が1度はグローブに入れながら落球。
投手相手に簡単に打たれた江柄子投手も悪いけど、出来れば捕ってあげたかったですね。

今季初先発の江柄子投手も制球に苦しみ3ボールにする場面がしばしば。
カープの4、5、7回の得点は全て先頭打者が四球が出塁したのがきっかけ。
先頭打者の四球は点になりやすいという事を証明するデータになりましたね。

打線も先発野手全員安打でカープを上回る11安打を打ちながら取った得点は1点のみ。
クルーズ抹消後の得点力不足も、なかなか解消されませんね。

明日の第3Rはジャイアンツ・菅野、カープ・九里の予告先発。
4月の自責点0だった菅野投手が好調カープ打線にどこまで立ちはだかるか注目ですね。

最後に球場グルメを。
今回選んだのは、高橋由伸監督プロデュースの弁当。
選手時代は鶏肉をふんだんに使った弁当だったのですが、今回は鶏肉に加えてキャンプ地でもある宮崎県産の黒毛和牛のステーキも加わった豪華弁当。

鶏そぼろごはんや鶏皮餃子、鶏砂肝など鶏肉は昨年まで食べた弁当と遜色なし。
宮崎牛ももステーキも美味でした。
しかし、2,000円はやはり高いなぁ。
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
カープが再び首位浮上 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる