FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 大一番の等々力決戦で勝利

<<   作成日時 : 2016/04/24 22:33   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ1stステージ第8節。
浦和レッズは、アウェー・等々力競技場にて首位・川崎フロンターレとの直接対決。

ACLでのオーストラリア遠征から中3日。
相手は首位でリーグ戦では今季無敗の川崎フロンターレ。
これまで対戦してきた相手と違ってガンガン攻めていく相手だけに守備がカギを握りそうな試合。
画像

前売りチケットが完売した大一番。
私も正午過ぎに武蔵小杉駅に到着しましたが、まだキックオフまで間があったので武蔵小杉駅近辺で昼食を摂る事に。

今回、訪れたのは武蔵小杉駅と新丸子駅の中間にある「コスギカレー」というカレー屋。
メニューはいろいろあったのですが、初めての人にオススメとの事でオリジナルチキンカレーを注文。(サラダ付きで900円)
このオリジナルチキンカレーは玉ねぎの旨味をしっかり感じる濃厚なタイプですが、武蔵小杉だから味が濃すぎというわけではなかったです(殴)

待っている間、店内に飾ってあった今までに作った週替わりメニューのカレーの写真を見ていたのですが、バラエティに富んでいて一度食べてみたいと思えるようなメニューがズラリと並んでいました。
画像

14時過ぎに等々力に到着し、広場の方へ行ってみると、本物のホルスタインがいてビックリ。
更に子豚もいたようです。
川崎の企画力には脱帽ですねぇ・・・。
あとスタジアム入りする前に名物の塩ちゃんこも食べておきました。
画像

画像

画像

さて、肝心の試合の方へ。
お互いに前半から激しい攻防。
レッズは興梠選手のミドルシュートもポスト直撃や、フロンターレもゴール中央でシュートを撃ちながら枠を外すなどフィニッシュに至らず、お互いに前半は無得点のまま後半へ。

後半は立ち上がりからレッズが主導権を握り興梠選手がフリーで2度シュートを撃ちながらも決まらない。
しかし、後半9分に細かい連係から最後は武藤選手がゴール右スミに決めてレッズが待望の先取点をゲット。
その後もリーグ1の得点力を誇るフロンターレの攻撃を無得点に抑えて試合終了。

浦和レッズが1-0で川崎フロンターレに勝利し、これでフロンターレは今季リーグ戦初黒星。
2位・鹿島も敗れた為、レッズが首位に浮上しました。
画像

細かいパス回しで攻めるレッズと、カウンターから速攻をしかけるフロンターレ。
ともに持ち味を出し合う試合で、チケット完売にふさわしい好ゲーム。
このような試合を生で観られた事については両チームの選手に感謝したいです。

自分の観戦していた席はアウェー側のゴールライン沿いだったので、前半のフロンターレの決定的な場面といい、後半開始早々の興梠選手のバー直撃のシュートといい、ボールが渡った瞬間は決まったと思ったけど、ともに決まらずに「えっ?」と思ってしまいました。
それでも、やはり先制ゴールが決まった時は興奮しました。
綺麗な流れの中でのゴールだったので鳥肌ものでしたよ。

一番の収穫はリーグ屈指の攻撃力を誇る相手に無失点で勝てた事。
相手のシュートが6本で枠内0だったのも良かったけど、強力な前線の選手にフリーでシュートさせなかった事が無失点の要因であったと思います。
武藤が挙げた虎の子のゴールを全員で守り切る。
ACLの広州恒大戦を思い出すような勝利でした。
今日の試合で、誰かさんが言っていたような「浦和は勢いだけではない」という事を証明してくれましたね。
まぁ、自分は最初から気にしていなかったけど(笑)

次節はホーム・埼玉スタジアムにて名古屋グランパスとの対戦。
相手は監督も代わりメンバーも代わり、昨年までとは違うチーム。
チームの成績はイマイチとはいえ前線に能力の高い選手が揃っているだけに侮れません。
最後に等々力まで駆けつけたサポの皆様、お疲れ様でした。


川崎フロンターレあるある2
TOブックス
2016-04-01
いしかわごう
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 川崎フロンターレあるある2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

首位奪還おめでとうございます。

ミシャ体制5年という浦和史上最長の政権となっていますが、やはり広州恒大に競り勝って決勝トーナメントへ進出した自信がリーグ戦でも発揮していると思います。昨年の前半戦の浦和の強さを2002で観ているだけにこれだけ強い相手にどうやって勝てるのか?と各チーム難しい問題にしていると思います。
浦和にとってこれから1番問題なのはベテランの疲労蓄積でしょうね。浦和にとってそれだけが唯一の問題だと思います。10年ぶりのリーグ制覇へまずは前半戦でしょうね。
PGM21
URL
2016/04/25 20:52
こんばんはです。
昨日は等々力までお疲れ様でした。今季の狙い通りのサッカーで完封勝利でしたね。まさに完璧、完勝の表現しか浮かばない素晴らしい内容と勝利でした。

川崎を完封した守備は、今季から導入した素早い寄せと囲いから攻守の切り替えの迅速さが効いていますが、それもこれも遠藤の存在が大きいですね。どんな守備戦術を敷いても基本ザルだったミシャサッカーが、遠藤の加入で明らかに高いレベルで引き締まりました。いや凄い選手を獲りました。
うえ
URL
2016/04/25 21:32
 >PGM21さん
お世話になっております。
今季のレッズはホーム開幕戦で負けた反省があるから、ここまで勝ち点を積み重ねていけると思っております。
レッズには今季で30歳になる選手が多いので、その分、関根や遠藤といった若手の存在が欠かせなくなりますよ。
FREE TIME
2016/04/25 22:09
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
リーグ1の得点力を誇るフロンターレ相手に完封勝利とは、これ以上ない勝ち方でした。
本当に遠藤の加入は大きいですね。
広州戦しかり川崎戦しかり彼の存在が日増しにおおきくなっていくのを感じます。
逆に彼の抜けた湘南は…。 
FREE TIME
2016/04/25 22:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大一番の等々力決戦で勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる