FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS KLM揃い踏み

<<   作成日時 : 2016/04/17 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ1stステージ第7節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてベガルタ仙台との対戦。

前節はドローで3位に転落したレッズ。
相手はケガ人が続出していてベストメンバーが組めないベガルタ仙台。
これまでの相手同様に引いて守りを固めてくるであろう相手に、いかにして点を取っていくかがポイント。
画像

試合前には熊本で発生した大地震に対して黙祷が捧げられました。
今節のJ1は九州で2試合行われる予定でしたが、いずれも中止を発表。
今でも断続的に余震が続いていますが、その余震が早く収まりますように・・・。

試合はレッズペースでチャンスも多く作るが、守りを固めてきている相手を崩し切れず。
逆に相手のカウンターから危ない場面も多かったが、こちらも得点には至らず両チームスコアレスで前半終了。

後半に入って8分にレッズが左サイドからのクロスを李忠成選手が頭で合わせて先取点を挙げたが、1分後にあっさり同点に追いつかれてしまう。
その後は一進一退の攻防が続いていたがレッズが29分に興梠選手のゴールで勝ち越し。
2分後にも武藤選手が決めて追加点。

試合は、そのまま3−1で浦和レッズがベガルタ仙台に勝利。
勝ち点3を上積みしました。
画像

この試合でも引いて守ってくる相手は前半は苦戦しましたが、後半は前線3人によるゴール揃い踏み。
何でも3人の名字の頭文字を取って「KLM」と言われているとか・・・。(K=興梠、L=李、M=武藤)
先制点を取った直後に、あっさり同点に追いつかれたのはお粗末でしたが、決める人が決めての勝利なので良かったです。

リーグ戦では開幕戦以来ゴールがなかった武藤が久しぶりのゴール。
昨年に続いて古巣相手にゴールを決めるとは武藤もやってくれますね。
画像

画像

画像

次節はアウェー・等々力競技場にて、現在首位の川崎フロンターレとの対戦。
現在、リーグ1位の得点力を誇り、ここまで無敗のチーム。
フロンターレとなると、ここ最近の対戦相手と違ってガンガン攻めていく事が予想されるので、そこを守備陣がどう防いでいくかが勝敗のポイントになると思います。

その前にACLでシドニーFCとのアウェーゲームが控えていますが、グループリーグ突破に向けて、最低でも勝ち点1は獲得したいですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。怪我人続出の仙台だけに、ドン引きに輪を掛けてドン引きしてくる事は想定内でしたが、レッズは攻撃のバリエーションを増やして相手の網を撃ち破りましたね。
何と言ってもアシストすべき選手がアシストし、それを前線の3人が全てゴールというのが素晴らしいです。理想の攻撃が今回見られました。満足です。

あとは得点直後の気のゆるみからの失点ですね。あれが防げたらと思いますが・・・。
うえ
URL
2016/04/17 11:06
 >うえさん
こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。
昨日は本当に理想的な形で得点を挙げる事が出来たので攻撃面に関しては満足ですね。
ただ、あの失点シーンは未だに納得していませんが。
今週のACLと次節の川崎戦と真っ向勝負での対戦になると思いますが、どちらも負けられない戦いになるので木を引き締めていってもらいたいです。
FREE TIME
2016/04/17 18:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
KLM揃い踏み FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる