FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ドン引きチーム相手に勝利

<<   作成日時 : 2016/04/01 23:13   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ1stステージ第5節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてヴァンフォーレ甲府との対戦。

ここまで2試合連続完封で2連勝中のレッズ。
相手は、最近3年間ホームで勝てていないヴァンフォーレ甲府。
これまで同様に引いて守ってくるであろう相手に、どのようにこじ開けていくかが、この試合のポイント。

試合は前半の早い時間帯で甲府に退場者が出てレッズが数的有利に立つが、逆に徹底した引いて守る守備の前にレッズも手を焼き得点が奪えないまま前半終了。

後半に入ってもレッズが一方的に攻めながらも、なかなかゴールを割れなかったが、23分に中央から抜け出した興梠選手の3試合連続となるゴールでレッズが先制!
36分には森脇選手のロングシュートが決まって追加点。

しかし、終了間際に1点を返されてしまい、試合は2−1でレッズが勝ってリーグ戦3連勝。
現時点で暫定ながら首位に立ちました。

今節は来週火曜日にACLが控えている関係で金曜ナイターとしてのキックオフ。
自分はというと、今日は年度初めという事もあって、今夜は職場の人達と夜桜を見たり、一杯やったりと大人の付き合い(?)に参加した為に埼スタへは不参戦。
TLに映し出される埼スタの夜桜も見たかったです。

これまでの甲府戦というと、相手の徹底したドン引き戦法の前にレッズは手を焼いていた構図だったが、今年も例年通り。
ましてや前半のうちに退場者が出た事で、かえってドン引きに拍車がかかってしまったようですね。

相手は6バックという変則的な守備体型を敷いていたらしく、そこまでドン引きされると、どんなチームでも崩せるのは容易ではありませんが、それをこじ開けたのが興梠選手のスピードと、ロングシュートを決めた森脇選手の思いっきり。

しかし、最後の最後で失点を喫したのはいただけません。
こんな失点がなければ3試合連続完封だったのに実に無駄な失点でした。

次の試合は来週火曜日に行われるACLのホーム・広州恒大戦。
その後はリーグ戦でアウェー・横浜Fマリノス戦。
アウェーではドローに持ち込んだ広州恒大ですが、今度はホームなので勝って勝ち点3をもぎ取っておきたい試合。
アウェー・マリノス戦も昨年は大敗を喫したカードなので2試合とも勝ちたい試合です。


浦和レッズイヤーDVD 2015
ビデオメーカー
2016-03-30
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和レッズイヤーDVD 2015 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
甲府のドン引き戦法は完全に想定内ではありましたが、いやそれにしても相手は執拗に守りますね。守備の要の山本が退場しちゃって、余計に引き籠もられましたし。レッズとしては粘り勝ちではありましたが、数的優位のおかげなのか、余計に引いた相手をこじ開けたからなのか、ちょっと評価が難しいところではありますね。

まあ勝利に関しては結果オーライ・・・とは言えない最後の失点がやはり不安材料ですね。キチンとサッカーをしていれば間違いなく完封勝利で終われたレベルの軽い失点だったと思いますね・・・。
うえ
URL
2016/04/02 20:07
 >うえさん
おはようございます。
一昨日はお疲れ様でした。
ただでさえ引き籠り戦術だったのに加えて退場者まで出たとなると余計に点を取るのが難しくなかったかなと思いましたが、その状況から2点取れただけでも価値があると思います。
ただ最後の最後で1点を返されてしまったのはいただけませんね。
明後日のACLに向けて、いい薬になったと思えばいいのかな(^^;)
FREE TIME
2016/04/03 07:06
ドン引きチーム相手に勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる