FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年プロ野球開幕

<<   作成日時 : 2016/03/25 23:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日から2016年プロ野球開幕が開幕。
不祥事続きで、今でもゴタゴタが続いていますが、開幕したからにはプロならではのプレーで沸かせてほしいものです。

今日は仕事帰りに東京ドームで巨人vs東京ヤクルト戦を観戦。
例年のように「祝・開幕」と言った気分にはなれないのですが、今季から指揮を執る高橋由伸監督の初陣という事もあって事前にチケットを購入していたので東京ドームまで足を運びました。
どれ程の客が入っているのかと思いましたが、前売りが完売している事もあって客席は満員でした。
画像

開幕投手はジャイアンツ・菅野、スワローズ・小川の両投手。
試合は2回表にスワローズが無死二、三塁の先制点のチャンスだったが菅野投手が踏ん張ってスワローズが絶好のチャンスを逸してしまう。

3回まで小川投手の前に完璧に抑えられていたジャイアンツは、4回に1番に起用された長野選手がレフトスタンド中段に入るホームランで1点を先制。
このホームランが全6試合の中で開幕初アーチだったとの事です。

その後は1−0のまま試合は終盤へ。
7回表にスワローズは小川投手の打席で代打を送った関係で、7回裏のマウンドに秋吉投手を投入。
しかし、その秋吉投手が捕まり、小林選手に2点タイムリーを打たれ点差は3点に。

ジャイアンツも8回から継投に入ったが、マシソン投手が1点を取られて2点差に迫られたが、9回には抑えの澤村投手が三者凡退に抑える投球で試合終了。
2016年開幕戦はジャイアンツが3−1で前年のリーグ覇者・スワローズに勝利。
これで菅野投手は3年連続開幕戦勝利投手となりました。
画像

野球賭博問題で揺れるジャイアンツ。
高橋由伸新監督にとっては開幕前から苦難の道が始まっていましたが、初陣を勝利で飾りました。

試合そのものはスワローズの方が押していた感じ。
得点圏に走者を置く場面も多かったし、菅野投手も球数が多く抑えるのにも一苦労していたし。
しかし、勝ったのはジャイアンツ。
オープン戦でもなかった1番・長野選手の起用が先制ホームランとなって吉と出ました。

また、昨年までだったら7回のチャンスに小林選手に代打を出していたと思われる場面で、小林選手をそのまま打席に立たせたり、8回表に連続長打を打たれたマシソン投手を左が続く場面でも続投させたりと動かない事で功を奏しました。
これから、前監督と比較される事も多くなると思いますが、由伸監督ならではのカラーを見せていければいいかなと思っています。
画像

他球場の試合結果は以下の通り。
東北楽天7−3福岡ソフトバンク
埼玉西武5−4オリックス
千葉ロッテ3−2北海道日本ハム
中日5−2阪神
DeNA2−1広島

何だかんだ言っても、やはりファンは開幕を待ち望んでいたのが正直な気持ちでしょう。
自分にとっても、これから一喜一憂する毎日の始まりです。


私のツイートも掲載されています♪

みんなの あるあるプロ野球 GOGO!
講談社
カネシゲ タカシ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by みんなの あるあるプロ野球 GOGO! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
2016年プロ野球開幕  FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる