FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校サッカー 東福岡が17年ぶり3回目の優勝

<<   作成日時 : 2016/01/12 00:00   >>

トラックバック 1 / コメント 0

第94回全国高校サッカー選手権大会決勝。
夏のインターハイ優勝校の東福岡が国学院久我山に5−0と圧勝し17年ぶり3回目の優勝と夏冬連覇を達成しました。

成人の日恒例となった高校サッカー選手権大会決勝。
今年の高校サッカー選手権大会の決勝カードは東福岡(福岡)vs国学院久我山(東京A)。
画像

決勝の舞台は前年と同じく埼玉スタジアム。
私も昨年同様に埼スタまで観戦しました。
今冬は暖冬という事もあって観戦中も比較的しのぎやすかったです。

試合はお互いに激しいボールの奪い合いで見応えのある展開。
押し気味に試合を進めていた東福岡が前半36分に左サイドの崩しから右につないだパスを走り込んでいた三宅選手のシュートが決まって東福岡が先制ゴール。
前半は東福岡1点リードでハーフタイムに。
画像

後半開始早々に東福岡がゴール近くの位置からFKを獲得し、これをトリッキーなサインプレーから直接決めて2点目を追加。
その後も堅い守備で防いでからの速攻で国学院久我山を翻弄し更に3点を追加し、トータル5得点。

準決勝までの5試合でわずか1失点の堅い守備で、国学院久我山のパスサッカーを封印。
結局、攻守に圧倒した東福岡が17年ぶり3回目となる選手権優勝。
そして、昨夏のインターハイとの二冠を達成しました。

狭いスペースからパスを繋いでいくテクニックで魅了する国学院久我山に対して、東福岡は激しいプレスから速攻を駆使する豊富な運動量を誇るサッカー。
立ち上がりから東福岡ペースだったので、前半もよく1点で済んだなという印象。
前半を1失点で凌いだ国学院久我山としては後半に流れを変えたかったところだったけど、あのトリッキーなFKを決められて完全に東福岡に流れが渡ってしまいましたね。
画像

ファールせずに、あれだけ激しく寄せてボールを奪取できる東福岡は本当に強かったですね。
準決勝でも前年覇者の星稜が完全な力負けをしたのだから。
そう考えるとPK戦までもつれた市立船橋(千葉)との3回戦が事実上の決勝戦といえるでしょう。

それにしても東福岡の選手権優勝は実に17年ぶりだなんて・・・。
今の2、3年生は選手権連覇した時に生まれた子供達なんですね。
そりゃ自分も歳をとるわけですわ。

東福岡高校17年ぶりの選手権優勝おめでとうございます。
そして敗れはしましたが国学院久我山も初の決勝進出での準優勝おめでとうございます。
高校ラグビーも高校バレーも終わり、これで正月も本当に終わりですね(汗)


最後のロッカールーム 魂の言葉
世界文化社
世界文化社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最後のロッカールーム 魂の言葉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第94回全国高校サッカー選手権決勝東福岡圧倒的な選手層で国学院久我山を5ゴールで沈め17年ぶりの全国...
11日第94回全国高校サッカー選手権決勝が埼玉スタジアム2002で行われ、東福岡対国学院久我山戦は5対0で東福岡が圧倒的なサッカーで国学院久我山を退けて17年ぶり3度 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2016/01/14 06:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
高校サッカー 東福岡が17年ぶり3回目の優勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる