FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠のく年間総合首位

<<   作成日時 : 2015/11/07 20:52   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ2ndステージ第16節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて川崎フロンターレとの対戦。

2ndステージも残り2試合。
相手は年間総合3位争いをしながら連敗してCS進出がなくなった川崎フロンターレ。
前節で退場になった大久保選手が欠場なので、鬼の居ぬ間に勝ち点3を獲って、年間総合首位を争うサンフレッチェにプレッシャーをかけたい試合。
画像

今日、11月7日は武藤選手27歳の誕生日。
武藤自身にバースデーゴールを決めて、みんなで寿司を食べて祝いたいですね(笑)

試合前にはビジュアルを敢行。
今回は五重のダイヤモンドマーク。
バックスタンドからは3色旗もなびき、試合前に選手達の後押しは充分に出来たと思います。
画像

画像

尚、試合は1−1のドロー。
立ち上がりから優位に攻めるレッズが前半28分に興梠選手の技ありのループシュートで先制。
しかし、前半終了間際に得点に追いつかれてしまう。

後半になると時間が経過するとともにフロンターレが攻勢に出て、カウンターから何度かチャンスを作ったが、レッズがGK・西川選手の好セーブなどで逆転を許さず。
結局、1−1のままタイムアップ。

お互いに勝ち点1を分け合う結果になり、サンフレッチェ広島がガンバ大阪との直接対決に勝利した事で、年間総合首位争いに関しては首位・広島と2位・浦和の勝ち点差は2に広がりました。
一方で、サンフレッチェの2ndステージ優勝は次節に持ち越しとなりました。
画像

前半はいい形で攻めながら、得点は興梠選手の1点のみで、前半のうちに同点に。
そして後半に立つと時間の経過とともに運動量も落ち、前がかりになっているところを相手のカウンターで後手後手になりながらも西川選手の好守で負けはしなかったけど勝てもしなかった。
何だか、1ヵ月前の鳥栖戦を思い出すような試合内容と結果でした。

負けなかったのは、周作と阿部の体を張った守備と、フロンターレに大久保、レナトが不在で、小林選手が負傷退場したから(レナトは退団しているが)
以前は強力な外国人選手が前線を張っていたフロンターレですが、レッズのように国産中心で随分とこじんまりした印象です。

世間では「今年も失速」とか言っているけど、現在の年間総合勝ち点は69だし、直近の5試合では2勝1敗2分けと決して失速などしていない。
むしろ、ここに来て勝ち点3を上積みし続けているサンフレッチェの加速の方が凄いというべきなのだが・・・。

ラストパスの精度が高ければ前半の内に勝負を決める事が出来た試合。
あそこまで決定機を潰し続けると、同点に追いつかれてしまうのも必然でしたね。

本来ならピッチで戦う選手よりも冷静に務めながらばならない監督が誰よりも興奮してテンパっているのだからどうしようもない。
今日の交代枠と采配には、本当に納得も理解も出来ない部分がありました。

ミシャ監督が主審に執拗に抗議している場面があったが、個人的には主審にはミシャを退席処分にしてほしかった。
自分の応援するチームの監督がいなくなるのは嫌ではあるけど、そう思う程に、あの場面はミシャが見苦しく感じてしまった。
1人で冷静さを欠いている監督が、次節もベンチからいなくなる事で、一部のサポが言う「レッズはミシャが寝ていれば勝てる」を立証できるか試してみたかったけどね(汗)

これでレッズの年間総合首位の座は非常に厳しくなりました。
レッズが年間総合首位に立つには、レッズ勝利サンフレッチェ敗戦の1通りのみ。
サンフレの最終節の相手は好調・湘南ではあるけど、正直アテにはできないですね。

次節は2ndステージ最終節で、ホーム・埼玉スタジアムにてヴィッセル神戸との対戦。
サンフレの試合は無視して、まずは目の前の相手を倒す事に専念してほしいですね。
ドローでも勝ち点70の大台に到達できるけど、やはり勝ちたい。
その理由は、2ndステージ最終節が行われる11月22日は、昨年にガンバとの直接対決で敗れV逸のきっかけとなった日。
11月22日に受けた屈辱は11月22日に返して、CSに臨みましょう!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

例年なら勝ち点69はダントツの優勝が決まっている勝ち点ですからね。勝ち点70台で年間1位が決まるのは殆どJ1ではありませんからね。その分下位の残留争いのラインが極端に下がりましたけれどね・・・
川崎も所詮大久保がいるかいないかで全然違うチームなのでそういうスーパーな選手の存在するしないは勝敗を大きく左右しますからね。
広島はミシャが基盤を作ったシステムを森保が進化させただけに凄いとは思いますが主力に大半が30半ばの選手ばかりになってきたので来季はACLで相当厳しい戦いを強いられるのではと思います。浦和は資金力で入れ替えられますけれどね。
本日負けましたが来季もJ1のステージで戦える事が決まりました。年間25億、人件費10億前後で12年間J1で戦っている事が他のチームのサポーターから見れば奇跡に感じているとは思いますが正直残すのが手一杯で今季のようにカップ戦でタイトルを狙えるかどうかというのが現実ですね。浦和サポーターのように出し惜しみしないサポーターを増やさないとこれ以上のクラブになる事は難しいので私は来季運営面の方に舵を切ろうとは思っています。
とはいえ来季も浦和に挑戦できる事私自身J1で戦うモチベーションでもあります。来季こそリーグ戦で勝ち点を獲れるように挑戦致します。新潟に来る事があれば新潟をご案内致しますので日程に恵まれるとよいですけれどね。
PGM21
URL
2015/11/07 22:20
 >PGM21さん
おはようございます。
新潟さん残留が決まりましたね。
柳下監督が今季限りで退任するとかいう報道を今朝目にしましたが、来季も宜しくお願い致します。
昨晩のスポーツニュースで広島の試合を観ていたけど、完全にミシャのスタイルから脱却し森保監督独自のスタイルに完全移行しているように見えました。
敵ながら素晴らしい監督だと思います…。
それに対してミシャもいい監督だとは思いますが、森保監督と比較してやるべき事をやっていないような所を見かけます。
いずれにしても次節がシーズン最終戦。
湘南の他力本願には期待していませんが、いい形でCSに臨みたいです。
FREE TIME
2015/11/08 07:49
こんにちはです。
昨日はお疲れ様でした。うーん、確かにレナトも退団して大久保も不在だった川崎に勝てなかったのは、勿体ないというか痛いというか、ですねぇ。

失速かどうかは全ては最終節によると思います。ここでも不味い結果ならば最後の2試合が去年と同じになってしまうため、世間的にも失速だったという評価になってしまうかもしれませんね。

ミシャのアレは、おっしゃる通り見苦しいですよね、監督のああいう姿ばかり見せられてしまうと、サポとしても本当に情けなくなります。監督が一番冷静さを欠いているのですから、チームがここぞの勝負どころで勝てないのも当然ですよね・・・。
うえ
URL
2015/11/08 12:36
 >うえさん
こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。
確かに失速云々は最終節の結果にかかっていますが、現在の勝ち点を見ていると昨年までとは違う事を証明している筈なんですよね…。
最近のミシャは本当に冷静さを欠いていますね。
毎年優勝争いが出来るチームにしてくれた事は評価していますが、自分の思い通りに行かないと平常心でいられなくなるメンタル面は何とかしてほしいと思います。
来季もミシャと共に戦うわけですから。
FREE TIME
2015/11/08 15:12
遠のく年間総合首位 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる