FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS MVPは柳田・山田、新人王は有原・山崎

<<   作成日時 : 2015/11/25 21:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2015年プロ野球のMVPと新人王が発表されました。
MVPはパ・柳田、セ・山田で、新人王はパ・有原、セ・山崎の4選手が、ぞれぞれ受賞しました。
 

柳田選手と山田選手は揃って3割30本塁打30盗塁のトリプルスリーを達成。
長いプロ野球の歴史の中でも過去8人しか達成していない記録を同じ年に2人が達成しました。
2人ともチームのリーグ優勝に大きく貢献したので、MVP受賞は文句なしでしょう。

新人王に選ばれたのはセ・リーグではルーキーの最多セーブ記録を塗り替えたベイスターズの山崎康晃投手。
チームは最下位で終わってしまいましたが、ルーキーながら37セーブを挙げる活躍。
縦に大きく曲がるツーシームはインパクト充分でした。

一方もパ・リーグは8勝のファイターズ・有原投手。
大学時代に肘を故障していた事もあって、1軍デビューも遅れましたが、最終成績は8勝。
防御率が4点台なので物足りない部分は否めませんが、今年のパ・リーグに限っては他に新人選手がいなかったという事でしょう。
ライオンズの高橋光成投手が、もう少し早く1軍デビューしていたら、彼が新人王になっていたかもしれません。

昨日にはベストナインの発表も終わり、これからプロ野球は本格的にストーブリーグに突入します。
契約更改、FA移籍、トレードなどオフの話題も事欠かないと思いますが、今シーズンを戦い切った選手達は、じっくり体を休めて、来シーズンに備えてもらいたいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
MVPは柳田・山田、新人王は有原・山崎  FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる