FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ベネズエラにサヨナラ勝ちして1次ラウンド全勝

<<   作成日時 : 2015/11/16 00:04   >>

トラックバック 1 / コメント 0

世界野球プレミア12
日本の1次リーグ最終戦の対戦相手はベネズエラ。

既にB組1位で準々決勝進出を決めている侍ジャパン。
実質的な消化試合ではあるが、翌日には準々決勝があるので1次リーグ全勝で締めくくりたい試合。

侍ジャパン・西、ベネズエラ・ガルシアの両先発で始まった試合は、ベネズエラが初回に先頭打者ホームランでいきなり先制。
侍ジャパンも2回に同点に追いついたが、4回に2ランホームランを打たれて再び追いかける展開に。

侍ジャパンは4回裏に1点を返して1点差としたが、メジャー通算156勝のガルシア投手の前に5回以降は沈黙し、試合はベネズエラ1点リードのまま8回へ。

ベネズエラは8回もガルシア投手が続投したが、一死から山田選手にヒットを許し左打者が続くところでベネズエラベンチは継投策へ。
ここから侍ジャパンが反撃し、二死満塁として、今大会大当たりの中田選手が打撃に。
このおいしい場面で中田選手がレフトオーバーのタイムリー二塁打を打って逆転に成功。

1点リードした侍ジャパンは9回のマウンドに松井投手を送るが、一死満塁のピンチから2点タイムリーを打たれてベネズエラが再逆転。
またしても追いかける立場に回った侍ジャパンは、9回裏に代打・今宮選手が先頭打者としてヒットで出塁し、更に制球に苦しむ相手投手から一死満塁としてバッテリーエラーで同点。
その後、再び満塁となって、途中出場の中村晃選手が三遊間を抜ける逆転サヨナラタイムリー。
侍ジャパンがベネズエラ相手に苦しみながらも逆転サヨナラで勝利して、B組全勝が決定しました。

文字通り二転三転のシーソーゲームとなりましたが、最後は侍ジャパンがベネズエラを相手に逆転サヨナラ勝ち。
明日の準々決勝に向けても大きな1勝になりました。

先発・西投手が2本のホームランを打たれ、打線もメジャー通算156勝投手相手に苦しみながらもマウンドから引きずり降ろしてから形勢逆転。
ベネズエラは2番手投手以降のレベルが今ひとつでしたね。

この試合ではサヨナラ打を打った中村晃選手以外でも途中出場の野手が活躍しました。
これには途中で下げられた選手も奮起しないわけにはいかないでしょう。

この試合はTBSが中継していたが、21時30分開始予定の「下町ロケット」が1時間5分遅れになってしまいました。
すんなり終わっていれば30分遅れで済んだのだが、9回表裏だけに実に30分以上も費やしてしまった。
正直、自分も勝敗はいいから早く終わってくれと思っていました(汗)

準々決勝の対戦相手はプエルトリコ。
直前の親善試合で対戦し、一昨年のWBCでは3連覇の夢を阻まれた因縁の相手。
スポーツ紙によると前田健太投手が中4日で先発するみたい、メキシコ戦のような投球をしていては危ないと思います。
それでも、今の侍ジャパンはチーム一丸となっています。
準々決勝も勝って日本で行われる準決勝へ行きましょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
侍ジャパンプレミア12 1次ラウンドシーソーゲームの末日本が途中出場の中村晃選手のサヨナラタイムリー...
15日プレミア12 1次ラウンド日本対アメリカ戦が行われ、 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2015/11/16 06:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ベネズエラにサヨナラ勝ちして1次ラウンド全勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる