FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 心臓に悪い勝利

<<   作成日時 : 2015/10/24 22:50   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ2ndステージ第15節。
浦和レッズは、アウェー・味の素スタジアムにてFC東京との対戦。

2ndステージも残り3試合。
相手は年間総合で3位につけるFC東京。
昨年、一昨年とラスト3試合未勝利なので、同じ過ちは繰り返せない戦い。
画像

味スタへ参戦するのは5年ぶり
今回も味スタに行く前に調布市内にある深大寺まで行ってきました。
深大寺でも赤い人をチラホラ見かけましたよ。
画像

参拝後は、ブランチとして深大寺そばを食べる事に。
今回、立ち寄ったのが深大寺から歩いてすぐの処にある「一休庵」。
そこで一休胡麻だれそば(1,100円)を注文。
蕎麦はあっさりした食感でしたが、胡麻の風味が効いていました♪
画像

正午前にスタジアム入りし、今回はアッパー席で観戦。
アウェー側にホーム自由席が割り当てられていたけど、あの程度のスペースを割くくらいなら、アウェーゴール裏全体をレッズ応援席に割り当ててほしかったですね。

さて、試合の方へ。
試合はレッズが前半11分に相手GKのミスを見逃さなかった柏木選手のゴールで先制。
3分後には武藤選手が久しぶりにゴールを決めて追加点。

2分後に1点返されてしまうが、27分に関根選手がゴールを決めて再び2点差に。
前半はレッズ2点リードで後半へ折り返し。

後半にもレッズが1点を追加して4−1とするが、ここからFC東京の逆襲が始まり、29分と39分に高橋選手のゴールで2点を返し1点差まで追い上げ、尚も猛攻を続けるが、レッズがGK・西川選手の好セーブもあって、1点のリードを最後まで守り切って試合終了。

浦和レッズが4−1でFC東京との上位対決を制し、3試合ぶりの勝利。
一方で、サンフレッチェ広島が2−0で勝ったので2ndステージが消滅して、年間総合順位も2位から変わらない事になりました。

画像

リーグ最少失点のチームと日本代表の正GKを擁するチーム。
こう書くと、何だかロースコアの展開を予想してしまうが、フタを開けてみたら点の取り合い。
昨年の味スタも点の取り合いになったし、何だか、このカードは点の取り合いになる事が多くなりましたね。

前半終了時には5月のホームゲームの再現を思わせる内容だったのですが、後半途中から守勢に回る事が多く、3点リードがたちまち1点差に。
何とかリードを守り切ったけど、勝った気がしない勝利でした。
本当に終盤は心臓に悪い展開が続きましたからね。

文句なしの前半と、前半とは別のチームだった後半。
それもズラタン→李の交代から流れがFC東京へ傾いていきましたね。
今日の試合はズラタンの1トップで興梠、武藤のシャドーで臨みましたが、これが上手く機能していましたね。
逆にズラタンを下げてからは、前線でボールが収まらず劣勢の要因になってしまった。
途中出場で出たのに空気状態だった李忠成選手の立場も危うくなってきたかな・・・。

それと何とかしてほしかったのが相手チームのラフプレーと主審のジャッジ。
相手の肘打ちで那須選手は鼻骨を骨折したし、代表にも選ばれているCBは前半からラフプレーしまくり。
そして、それを平然と流す主審。
レッズにも相手にPKを与えられてもおかしくないプレーがあったので、あまり棚に上げられないけど、主審がゲームをコントロールできないと、このような大味な試合になってしまいますよ。

次節はホーム・埼玉スタジアムにて川崎フロンターレとの対戦。
年間総合首位を奪回するには、残り2試合全勝が最低条件であり絶対条件。
フロンターレは大久保選手が今日の試合で退場になったので浦和戦は出場停止。
それでも他に点の獲れる選手がいるので、大久保不在だからといって喜んでいてはいけません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
昨日は味スタまでお疲れ様でした。蕎麦うまそうですね。

去年の味スタが脳裏に焼き付いているので今回もまさか・・・な思いが現実のものとなってしまいました(苦笑)。ただ去年と違って勝利を得られたというのが大きな違いですね。

そんな中で主審のジャッジですが、那須にしても他のレッズの選手に対しても、東京がかなりラフプレーを繰り返していたのに、それを放っておくような場面が多すぎましたね。レッズはキチンと意見書を提出すべきだと思います。
うえ
URL
2015/10/25 08:50
 >うえさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。
深大寺そばは空腹時だったので余計に美味しく感じました。
4−1になってからのハラハラ感は、本当に同点に追いつかれてしまうのではないかと思うくらいに守備がガバガバでしたね。
こういう時に落ち着かせるのが監督なのに、選手以上に動揺している様子がベンチ前からも伺えたし…。
相手チームのラフプレーは酷かったですね。
現在の順位のままシーズンが終われば、CSでも対戦するかもしれないので、その点の対策も練っておく必要があると思います。
FREE TIME
2015/10/25 10:07
何時もお世話になっております。

壮絶な打ち合いでしたが年間1位へ踏み止まった試合だったと思います。
終盤に弱いというイメージをサポーターが思わない事もこれから必要なのかな?とは感じます。
うちは残念ながら今節での残留が決まりませんでした。
今季を象徴する試合だったので課題は多いし、何よりこの資金力で12年J1で戦っている訳ですからある意味では凄い事ですがそろそろ次のステージへ進まないとこれ以上強くするのは難しいとは感じております。
来季さいたま2002で再び遠征できるよう残り2試合全力を尽くしていく次第です。
PGM21
URL
2015/10/25 16:51
 >PGM21さん
お世話になっております。
新潟さんの残留は次節に持ち越しになりましたね。
それでも松本2連勝、新潟2連敗でも得失点差が開いているだけに新潟さんの残留は濃厚だと思います。
終盤に弱いというイメージを払拭するには、監督や選手の意識次第だと思うのですが、そこはステージ優勝した事で監督が巧く利用したと思います。
シーズンは残り2試合ですが、ここから飛び石になるのがJリーグの歪な日程ですね(汗)
FREE TIME
2015/10/25 17:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
心臓に悪い勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる