FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 耐えて忍んでの逆転勝利で鹿狩り達成!

<<   作成日時 : 2015/09/26 22:16   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ2ndステージ第12節。
浦和レッズは、アウェー・カシマスタジアムにて鹿島アントラーズとの対戦。

2ndステージも残り6試合。
相手は2ndステージ2位の好調・鹿島アントラーズ。
監督が代わってチームも変わったようですが、2ndステージ逆転優勝の可能性も残っているので、直接叩いておかないといけない相手。
私も2年ぶりに鹿島国へ参戦しました。
画像

カシマスタジアムといえば、やはりグルメ。
正午過ぎにスタジアム入りし、丁度空腹状態だったので鹿島グルメに舌鼓を打ちました。

ハム焼きは、いつものバックスタンド側のコンコースで購入。(400円也)
モツ煮は、今回はメインスタンド側まで移動して購入。(500円也)
お腹も満たして臨戦態勢も整いました。
画像

画像

そして、もう1つのカシマスタジアム名物をいえば、ゴール裏の鹿サポの一発芸。
今回も試合前に大量のフラッグの展覧会を披露。
本当に選手がいない時に、こういうのをやって何を狙っているのかと不思議に思います。

そして、紙吹雪を撒き散らす暴挙。
その紙吹雪がピッチにまで広がっていました。
Twitterで知ったのだが、紙吹雪で使用した紙の中身はHなマンガだったとか。
本当に鹿サポははるか斜め上を行ってくれます。

対するレッズが壮観なビジュアルを披露。
アウェーで、このようなビジュアルを展開できるのはレッズならではでしょう。
画像

画像

さて、そろそろ肝心の試合の方へ。
試合開始早々に、アントラーズにあっさり先制されるが、レッズもすぐに高木選手のゴールで同点。
その後は一方的な鹿島ペース。
レッズにとっては防戦一方の展開が続いたが、何とか凌いで1−1のまま後半へ折り返し。

後半に入ってもペースを握れず苦戦が続いていたレッズだったが、後半27分に相手のミスから興梠選手がゴールを決めて勝ち越し。
その後も相手の猛攻に晒されたが、GK・西川選手の神がかり的な好守もあって、このまま2−1で試合終了。

浦和レッズが鹿島アントラーズ相手に苦しみながらも逆転勝利。
これで3連勝として、年間総合順位も首位をキープしました。
画像

5月のホームゲームに続いて鹿狩りを達成しましたが、正直、よく勝てたなと思う試合内容。
シュート数は鹿島27本に対して、レッズは10本と倍以上のシュートを撃たれている。
バックスタンドから観ていて、相手に当たり負けするし、ボールは簡単に奪われるし、カウンターで裏を取られるシーンが多かったし、下手すれば前半で勝負が決していた試合だったと思います。

その鹿島の猛攻を1点に防げたのは、やはり西川選手の好セーブの連続。
鹿サポと一触即発してしまったのは良くなかったけど、「神様・仏様・西川様」と言っても過言ではない、今日の西川周作でした。
一方の鹿島のGKはと言うと、痛恨のキャッチミスで勝ち越しゴールを献上。
しかも決められたのが、元鹿島の興梠選手という事で鹿サポのフラストレーションは相当たまった事でしょう。

次節はホーム・埼玉スタジアムにてサガン鳥栖との対戦。
相手は残留争いに巻き込まれている順位に位置し低迷していますが、昨年はホームゲームで負けているのでリベンジには絶好の機会。
この先、強豪チームとの対戦が続くので、ホームで勝ち点3は確実に獲っておきたい試合です。
最後に鹿島まで駆けつけたサポの皆様、お疲れ様でした。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FOOTBALL PEOPLE 鹿島アントラーズ編 (ぴあMOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
昨日は鹿島国までお疲れ様でした。グルメもしっかり堪能されたようで羨ましい限りです。そして試合前のレッズのコレオは綺麗に決まりましたね。画面を通していても感動ものでした。
対して鹿島側の相変わらずの・・・本当に選手が出てくる前のアレって何の目的でやっているのか毎回不思議ですし、紙吹雪にエロマンガ使用ですか・・・んー、まあ鹿島国は日本国とはちょっと文化が違うのでしょう(苦笑)

でもそういう相手にまたも勝利できたのですから愉快痛快です。おっしゃる通り「あれで良く勝てたな」的な内容でしたが、まさに神様仏様の西川あっての勝利でした。一方の曽ケ端は、西川のあれだけのビッグセーブ大連発を見せ付けられて、それで焦ってしまったのでしょうか。それでポロリだったならば、西川の立派なアシストですね(笑)
うえ
URL
2015/09/27 08:53
 >うえさん
おはようございます。
昨日は、お仕事お疲れ様でした。
本当に鹿島国の文化は我々のはるか斜め上を行っていますね。
一方でレッズのビジュアルは非常に綺麗に決まっていました。
アウェーで、あれだけのビジュアルを展開できるのも見事な限りです。
鹿島が相手なら内容より結果なので勝てた事は、残り5試合にも繋がっていくと思います。
2ndステージ優勝は厳しいと思いますが、年間総合トップは最後まで譲らずにCSを迎えたいです。
FREE TIME
2015/09/27 10:09
何時もお世話になっております。
鹿島戦勝利おめでとうございます。
やはり相性があるんでしょうね。Jリーグの場合ミシャシステム(浦和、広島)が全盛期なのでこのシステムに勝てるチームが現時点で見当たらないという感じです。
現時点で浦和勝ち点64、広島勝ち点62ですから例年ならこの勝ち点が年間優勝の勝ち点だと思うと強すぎるという事になります。たぶん今年は勝ち点70以上が年間1位のラインなので5試合負けられない試合が続きますね。
うちは残念ながら年間5位川崎に勝てませんでした。年間6位以上の対戦が2分10敗では・・・格差の原因はうちですね。とはいえ16位と勝ち点差5なので直接対決で負けなければ逆転されないので次の2試合に連勝すれば残留はほぼ確定できるので浦和さんには次節の鳥栖戦ではアウェイ同様のゲームを期待しております。
PGM21
URL
2015/09/27 11:35
 >PGM21さん
お世話になっております。
これまで鹿島戦の通算成績は大きく負け越していますが、2011年以降はリーグ戦で負けていないので、今では相性のいい相手と見ていいかもしれません。
しかし、内容は完全に押されっぱなしでしたが。
新潟さんは、まだまだ残留争いから抜け出せないですね。
清水と山形の降格は時間の問題なので、残留は松本の結果次第になりますが、自分としては今年行けなかった新潟遠征を決行したいので新潟さんの残留を望んでおります。
FREE TIME
2015/09/27 19:09
耐えて忍んでの逆転勝利で鹿狩り達成! FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる