FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡ソフトバンクホークスが圧倒的強さでパ・リーグ連覇

<<   作成日時 : 2015/09/17 22:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

福岡ソフトバンクホークスが2年連続パ・リーグ制覇。
パ・リーグ史上最速での優勝となりました。

昨日の勝利で、優勝へのマジックを1としたホークス。
今日は本拠地・福岡ヤフオクドームにて埼玉西武ライオンズとの対戦。
マジック対象のファイターズの試合が雨で流れたので、今日決めるには勝つか引き分けが条件。
先発はホークス・武田、ライオンズ・高橋光成。

試合は、ホークスが初回に内川選手のタイムリーで先制。
4回には松田、長谷川両選手の連続ホームランで追加点。
6回にも2点を挙げて計5点。

守ってもライオンズの反撃を3点に抑え、9回は守護神・サファテ投手がきっちり抑えて、この瞬間にホークスの2年連続19回目の優勝が決定。
今年、監督に就任した工藤監督が見事に監督1年目で栄冠を手にしました。
画像

昨年は日本一に輝きながらも秋山監督が退任し、新監督を迎えて連覇に挑んだホークス。
開幕時は出遅れたが交流戦を境に一気に抜け出していきましたね。

超大型補強を敢行した昨年と違って、今年は特に大きな補強はなし。
新加入した松坂投手は、肩の故障で1度も1軍で投げなかったのに、それでも独走してしまうのだから恐れ入ります。
野手では柳田選手を筆頭に生え抜き選手が中心になっているし、今のホークスを支えているのは間違いなく生え抜きの選手でしょう。

今年のMVPは文句なしで柳田選手でしょう。
背番号も変わり、3番に抜擢された今シーズンは大きく飛躍しましたね。
昨年までは荒さも目立っていたけど、今年は打率も出塁率も向上し、まだ16試合残しているとはいえ3割30本30盗塁のトリプルスリーはほぼ確定。
いい選手から凄い選手に成長してしまいました。

それにしても、今季のホークスは強すぎですね。
残り試合を考えると90勝超えも濃厚でしょう。
2位のファイターズを成績を確認すると、本来ならば優勝するチームの数字なわけだから、今年のホークスの成績が物凄い事を物語っています。

福岡ソフトバンクホークス、パ・リーグ連覇おめでとうございます。
この後、CSが控えていますが、今年のホークスなら、すんなり日本シリーズに進出できると思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
福岡ソフトバンクホークスが圧倒的強さでパ・リーグ連覇 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる