FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 内海投手がようやく今季初勝利

<<   作成日時 : 2015/08/12 23:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日から世間ではお盆休み。
私は東京ドームにてジャイアンツvsベイスターズ戦を観戦しました。

お盆休みなのに東京に行くのもアレですが、今回はネット裏席。
座席もクッションがついていて、他の席より座りやすかったです(^^)

画像

先発はジャイアンツ・内海、ベイスターズ・三浦の両投手。
試合は4回表にベイスターズがロペス選手のタイムリーで1点先制。
3回まで三浦投手の前に完璧に抑えられていたジャイアンツは4回に阿部、長野の連続タイムリーで逆転し、尚も満塁としたところで、吉川選手の打席で代打に堂上選手を起用。
その堂上選手が初球をレフトスタンドにライナーで突き刺さる満塁ホームランを放って、この回一挙6点のビッグイニング。

5点のリードをもらった内海投手でしたが、5回にソロホームランを浴び、6回には2点タイムリーを打たれたところで降板。
5回2/3を投げて8安打4失点自責点2の内容でした。
画像

7回裏にジャイアンツが二死満塁から長野選手の2点タイムリーで、点差を4点に広げたが、8回にベイスターズが2本のホームランが出て1点差にしたが、9回表のベイスターズの攻撃を澤村投手が三者凡退に抑えて試合終了。
二転三転したシーソーゲームはジャイアンツが8−7のルーズベルトゲームで勝利。
内海投手は、ピリッとしない内容ながらも、ようやく今季初勝利を飾りました。

内海vs三浦。
以前だったら1点を争う投手戦必至の顔合わせでしたが、今回は点の取り合い。
三浦投手も今年で42歳になる中で頑張っていますが、やはり力は落ちていますね。

今季3度目の登板となった内海投手。
最大5点のリードをもらいながら、6回を投げ切れないようでは、今後も大事なカードで投げさせてもらえなくなってしまいそうですね。
来週はタイガース戦ですが、来週も登板機会があるのか、それとも再び登録抹消して間隔を空けるのか、明日以降の公示が気になるところです。
画像

本来ならジャイアンツが楽に勝てる試合展開だったところを、後から出てきた高木京介、マシソンが打たれて1点差に。
高木京介投手は実力通りの結果だから何も言うまいが、マシソン投手が前回に続いて打ち込まれているのが気がかり。
投球フォームにもバラツキがあるし、一度再調整させた方がいいと思いますが、代わりがいないので、この後も試合で投げながら調子を上げていくしかないでしょうね。

そんな中で9回表を三者凡退に抑えた澤村投手の投球は圧巻でした。
上位から始まる攻撃に先頭打者を三球三振、前の打席でホームランを打っている筒香選手に対しても三振を奪うなど、今シーズン一番の内容だったと思います。

混戦のセ・リーグですが、ここに来て上位下位が分けわれてきた様子。
前半快進撃を続けたベイスターズとしても脱落しない為には、これ以上の負けられないところでしょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
内海投手がようやく今季初勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる