FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS セ・リーグ全球団借金生活

<<   作成日時 : 2015/07/04 06:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セ・リーグ全6球団が借金生活に入る史上初の珍事。
これは、もう前代未聞ですね。

昨日のセ・リーグの試合は2試合。
勝率5割のスワローズはマツダスタジアムでカープ戦。
同じく勝率5割のタイガースは横浜スタジアムでベイスターズ戦。

まずは勝ち星の差で首位のスワローズから。
先発はカープ・前田健太、スワローズ・古野の両投手。

試合は初回からカープが打者10人の猛攻で大量5点のビッグイニング。
先発・前田健太も好調・スワローズ打線を相手に7回1失点の好投。
試合はカープが7−1で勝ってスワローズは再び借金生活に入りました。

そして2位・タイガースの試合。
先発はベイスターズ・井納、タイガース・メッセンジャーの両投手。

試合はタイガースが5回に大和選手の2点タイムリーで先制し、6回には鳥谷選手のホームランで追加点。
タイガースの先発・メッセンジャー投手は8回を投げて5安打12奪三振1失点の好投で、9回のマウンドは抑えの呉昇桓投手にスイッチ。

しかし、呉昇桓投手が代打・後藤選手に同点2ランを打たれ、更に一死二塁から石川選手に右中間を抜ける逆転サヨナラタイムリーを打たれジ・エンド。
これでタイガースは6連勝のあと4連敗で借金生活に逆戻りとなってしまいました。

借金2の3位・ジャイアンツと借金8の最下位・ドラゴンズは試合がなかったので、これでセ・リーグ全球団が借金生活。
長いプロ野球の歴史の中でも史上初の珍事となりました。

スワローズは、相手先発投手は前田健太投手だったので、初回に5点を取られた時点で勝敗は決まってしまいましたが、タイガースが、まさか9回裏に呉昇桓投手を立てて2点差をひっくり返されるとは思っていませんでした。

やはり交流戦で大きく負け越した事が響いていますね。
唯一勝ち越しているタイガースも交流戦前に大きく負け越していたし・・・。
このような数字は前代未聞だし、セ・リーグの6球団にとって恥じるべき不名誉な数字というべきでしょう。

これで最下位・ドラゴンズを除く5球団がゲーム差0.5にひしめく混戦となりました。
本来なら面白く感じるものですが、成績が成績だけに自分見たく冷めた目で見ている人も多いのではないでしょうか。
でも、本当に強いチームは夏を乗り切って9月に一気にスパートをかけてきます。
その球団が今年のセ・リーグから出てくるのか興味深いですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
セ・リーグ全球団借金生活 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる