FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS セ・リーグ全敗

<<   作成日時 : 2015/06/14 17:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セ・パ交流戦も最終カード。
まだ雨天中止分の2試合が残っていますが、今日で実質最後の試合になります。

QVCマリンフィールドでは、マリーンズvsジャイアンツの最終戦。
ここまでマリーンズの連勝で迎えた第3戦。
先発はマリーンズ・大嶺祐太、ジャイアンツ・高木勇人の両投手。

試合はジャイアンツが5回に亀井選手のタイムリーと押し出しで2点を先制。
ジャイアンツの先発・高木勇人投手は5回以降走者を一人も出さない快投で8回まで無失点に抑え、完封勝利をかけて9回のマウンドへ。

先頭の鈴木選手の三塁ゴロを井端選手がエラー。
ここから流れがマリーンズに変わり、一死一、二塁から福浦選手のタイムリー二塁打で1点差。
ジャイアンツベンチは、ここで抑えの澤村投手に交代。
しかし、澤村投手も相手に移った流れを変える事が出来ずに同点。
二死満塁から吉田選手にレフト前タイムリーが出て、マリーンズが劇的な逆転サヨナラ勝利。

これでマリーンズは、このカード3連勝。
QVCマリンでのジャイアンツ戦は、これで8連勝となりました。

8回までの高木投手の投球で完封しそうな感じで、仮に走者を背負っても継投で逃げ切るだろうと思っていましたが、まさかのサヨナラ負け。
井端選手のエラーで高木投手自身も動揺してしまったようだし、相川選手の外角一辺倒のリードも相手にとって読みやすかった事でしょう。
昨年の交流戦優勝チームが、今年の交流戦は借金4でフィニッシュ。
これでもリーグ首位でいられるのが、交流戦ならではなんでしょうね。

今日の交流戦、他の5試合の結果は以下の通り。
北海道日本ハム3−1DeNA
東北楽天3−0中日
埼玉西武3−2東京ヤクルト
オリックス10-1オリックス
福岡ソフトバンク7−2広島

上記の通り、今日はパ・リーグ全勝、セ・リーグ全敗という結果に終わりました。
その内、3カード(札幌、千葉、大阪)が同一カード3タテ。
最終カードで勝ち越したのはカープだけというセ・リーグ6球団の体たらくぶりが象徴されましたね。のでしょうか?

まだ2試合残していますが、今年の交流戦の両リーグの対戦成績はパの60勝43敗。
今年から昨年までの24試合から18試合に削減されましたが、例年通りの試合数だったら、一体どうなっていたのでしょうね。
セで貯金があるのも首位のジャイアンツだけという異常事態。
交流戦明けの結果如何ではセ・リーグで貯金のあるチームが0になる可能性もあるようです・・・。

今週の金曜日からリーグ戦が再開しますが、果たしてセ・リーグの試合を球場に足を運んで観に行こうと思うファンが、どれだけいるのでしょうか
今や実力だけでなく人気もパ・リーグになっていますね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
セ・リーグ全敗 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる