FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ベイスターズの終盤の猛攻も及ばずマリーンズ勝利

<<   作成日時 : 2015/06/01 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球はセ・パ交流戦に入って最初の日曜日。
その日に私はQVCマリンフィールドにて千葉ロッテマリーンズvs横浜DeNAベイスターズの試合を観戦してきました。

現在、セ・リーグ首位のベイスターズと3カード連続勝ち越し中で好調のマリーンズ。
前日の試合はグッズの無料配布の効果もあってか指定席が完売したようですが、この日のマリンも超満員とはいかないまでも、かなりのお客さんが詰めかけていました。
画像

その中でもベイスターズファンが思っていたよりも多かったですね。
やはり首位の効果でしょうか?

ここまで1勝1敗のタイで迎えた3戦目。
勝って今カード勝ち越しを決めるのは、どのチームか。
先発はマリーンズ・大嶺兄、ベイスターズ・須田の両投手。

画像

画像

試合は1回裏にマリーンズが鈴木、角中両選手の連続ホームランでいきなり2点を先制。
3回にもホームランを打った鈴木、角中の連打が起点になって、3本のタイムリーが出て4点を追加し、ベイスターズの先発・須田投手を3回途中でKO。
5回にも1点を追加し、リードを7点に広げる。

7−0とマリーンズの楽勝ペースだったが、打線好調のベイスターズは7回に3点を返し、8回にも2本のタイムリーで7点差を一気に2点差まで詰め寄る。
しかし、8回裏にマリーンズにダメ押しとなる2点を献上してしまい勝負あり。

試合は9−5でマリーンズがベイスターズに勝って交流戦2カード連続の勝ち越し。
逆にベイスターズは2カード連続の負け越しとなったが、2位・ジャイアンツも敗れた為に首位の座はキープしました。

序盤で大量点を取ったマリーンズが楽に勝てるかと思っていた人も多かったかと思いますが、ベイスターズは、これまでにも大逆転を演じた程に打撃がいいチーム。
マリーンズにしても前の広島での事があっただけに、最後まで何が起こるかわかりませんでした。

7点差から2点差に詰まった時は、いくら西野投手でもベイスターズ打線の勢いを止められるのだろうかと思っていましたが、その前に2点追加した事で勝負ありましたね。
チーム防御率は12球団で唯一4点台と最低な投手力ですが、それでも5割に戻せたのは打線のおかげ。
ただし、打線は水物なのでAクラス争いに入る為には投手陣の立て直しが急務でしょう。
画像

一方のベイスターズ。
現在、セ・リーグ3冠王の筒香選手が故障明けでDH。
ロペス選手も前日の試合で故障して、この試合を欠場。
決してベストオーダーとはいえないまでもマリーンズを上回る16安打を打ったのだから、パ・リーグのチームも心してかからないといけないと思います。
しかし、いかんせん投手力に不安がありますね。
この投手力では、交流戦期間中に首位の座を明け渡すのも時間の問題かと思います。

今季初のマリン参戦となりましたが、面白い試合を堪能する事が出来ました。
しかし、タイムリー二塁打を打った際に左太ももを痛めた荻野選手の状態が気がかりですね。
毎年、この時期に故障離脱してしまうのが残念でなりません。

最後に球場グルメ。
今回は交流戦という事もあって交流戦限定グルメを味わおうと思ったのですが、球場に着いたのが試合開始1時間を切っていたので、ほとんど完売しておりました。
仕方がないので、三塁側コンコースに店を出している「ラーメンちば魂」から鈴木大地選手プロデュースの「大地の恵み味噌ラーメン」(880円)を購入。
中身は普通の味噌ラーメンでしたが、スープの出汁が効いていて、ほうれん草が入っているのもポイントですね。
画像



千葉ロッテマリーンズオフィシャルイヤーブック2015 (NIKKAN SPORTS GRAPH)
日刊スポーツ出版社
2015-03-28
千葉ロッテマリーンズ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 千葉ロッテマリーンズオフィシャルイヤーブック2015 (NIKKAN SPORTS GRAPH) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ベイスターズの終盤の猛攻も及ばずマリーンズ勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる