FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS マイコラス投手が来日初勝利

<<   作成日時 : 2015/05/28 22:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球もセ・パ交流戦に突入。
今日は仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsライオンズの試合を観戦してきました。

日本シリーズでは黄金カードでもあるGL対決。
しかし、交流戦ではジャイアンツが大きく勝ち越している。
1勝1敗で迎えた3戦目を制するのは、どちらか。

先発はジャイアンツ・マイコラス、ライオンズ・西口の両投手。
西口投手は2年ぶりとなる先発マウンド。
画像

試合はジャイアンツが2回にアンダーソン選手のホームランで先制。
4回にも二死からの4連打で3点を追加し、ライオンズの先発・西口投手をKO。

ジャイアンツの先発・マイコラス投手は、前回同様に安定した投球でライオンズの強力打線を相手に8回を投げて無失点で10奪三振を奪う好投。
9回に登板した澤村投手がソロホームランを打たれたが、試合の流れに影響なし。

結局、ジャイアンツが4−1でライオンズに勝って交流戦最初のカードを勝ち越し。
マイコラス投手は5戦目にして来日初勝利を飾りました。

昨日、両チームの先発投手の名前を聞いた時は打撃戦になるかと思いました。
西口投手は往年の投球が見せられないだろうし、マイコラス投手も前回はタイガースが相手だったから好投できたと思っていたし。
まさか、ライオンズ打線を相手に、ここまで好投するとは思っていませんでした。
画像

打つ方ではアンダーソン選手が絶好調で、2回には先制ホームラン。
4回にも二死からヒットで出て、その後の追加点に絡む活躍。

前日に今シーズン第1号ホームランを打った高橋由伸選手も2打数2安打1打点の活躍。
まだまだヨシノブ健在というところを見せてほしいです。

ライオンズとしては、やはり西口投手の衰えは隠せないですね。
それよりも以前は登板まで回避していた程に苦手の東京ドームのマウンドで、なぜ今季初登板の機会を与えたのかも疑問に残りました。(単純に先発投手のコマ不足なんだろうけど)

ライオンズでは、3番手投手として、かつてドラフトで6球団が競合した大石投手が登場。
鳴り物入りで入ったが、プロに入ってから奮わずに、QVCマリンの試合で3連続四死球からのサヨナラ暴投をやらかし、一部の人から「俺達3代目総帥」と揶揄される始末。
そんな大石投手でしたが、実際に見ていて球速も出ないし制球もアバウト。
同級生の斎藤佑樹投手と同じ道を歩んでしまいましたね・・・。

これで交流戦は最初のカードを終了。
明日から、ジャイアンツは舞台を仙台に移してイーグルスとの3連戦。
一方のライオンズは本拠地に戻ってタイガースとの3連戦。
今年は18試合に減った交流戦ですが、この後も何試合か観戦する予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
マイコラス投手が来日初勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる