FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 柏、ガンバともにアウェーで勝利

<<   作成日時 : 2015/05/20 23:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

サッカーACLは決勝トーナメント1回戦。
柏レイソルとガンバ大阪は、ともに韓国でのアウェーゲームから開始。

まずは柏レイソルから。
レイソルの1回戦の対戦相手は韓国の水原三星。
水原三星はグループリーグで、今季のJリーグで首位を走る浦和レッズに2戦2勝したチーム。

試合は開始間もなく水原三星に先制されるが、早い時間帯に同点に追いつき、PKで逆転に成功。
後半にも更に1点を追加。
その後、かつて川崎フロンターレでプレーしたチョン・テセ選手のゴールで1点差に詰め寄られるが、3−2で敵地で勝利を収めました。

続いてガンバ大阪。
ガンバ大阪と対戦相手は、同じく韓国のFCソウル。
FCソウルはグループリーグでJリーグ代表の鹿島アントラーズに2戦2勝したチーム。

前半は防戦一方のガンバだったが両チーム無得点で後半へ。
後半に入ってガンバが後半17分に宇佐美選手のゴールで先制。
これで流れを掴んだガンバは、この後更に2点を追加。
試合終了間際に1点を返されたものの、ガンバ大阪が3−1で敵地で勝利を収めました。

Jリーグ代表として生き残った2チームの初戦の相手は、ともに韓国代表のチーム。
しかも敵地からのスタートとあって、アウェーゴールを取ってドロー以上なら最高の結果だなと思っていましたが、両チームともアウェーで勝って最高の結果を残してくれました。

Jリーグでは下位に低迷するレイソル。
この試合でも、いきなり先制点を奪われるなど守備面でバタバタしていた印象が強かったけど、ACLは内容より結果が大事。
ACLでは強いレイソルの本領を発揮したといったところでしょうか。

ガンバは宇佐美選手の2ゴールで勝利。
やはり決める人が決めるとチームの勢いも違ってきますね。

両チームとも、次の試合は1週間後のホームゲーム。
お互いに韓国のチームを蹴散らしてベスト8進出を決めてほしいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
柏、ガンバともにアウェーで勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる