FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS TOKYOvsTOKYO

<<   作成日時 : 2015/04/11 06:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球も開幕して2週間。
昨日は東京ドームにてジャイアンツvsスワローズ戦を観戦してきました。

金曜の東京は午後から雨。
前回観戦時もそうでしたが、こういう時は屋根つき球場の有難味を感じます。

この試合は東京シリーズと銘打っての試合。
ジャイアンツはTOKYOのロゴが入った通常はビジターのユニを着用。
一方のスワローズもTOKYOのロゴが入った神宮球場で時々着用するユニフォームで試合。
来場者全員にTOKYOユニを配布していたので、当然私も入場前に頂きました。
画像

さて試合の方へ。
先発はジャイアンツ・ポレダ、スワローズ・小川の両投手。

試合は1回表から動き、スワローズが4番・雄平選手のタイムリーで先制。
対するジャイアンツも2回に、今シーズン無失点の小川投手から二死満塁のチャンスを作り、1番・金城選手の2点タイムリーで逆転。
その後は両投手の好投とバックのファインプレーもあって2−1のまま、試合は終盤へ。

7回にスワローズが同点に追いつき、試合は2−2のまま延長へ。
両チームともに延長10回に勝ち越しのチャンスを作るが、ともに無得点。
11回表にスワローズが畠山選手のソロホームランで勝ち越し。
結局、試合は延長11回に末にスワローズが2−1でジャイアンツに勝って3連勝で首位タイに浮上。
逆にジャイアンツは3連敗となりました。
画像

今シーズン開幕してから全試合3失点以内に抑えているスワローズ投手陣。
昨年、一昨年を考えると嘘みたいな数字ですが、実際に観戦していて中継ぎ・抑えも安定している事を確認できました。
もっとも、ジャイアンツ打線の不甲斐なさもありますが。

一方のジャイアンツ打線は相変わらずの貧打。
10試合以上も消化しているのにホームランが1本も出ていない選手が多いし、それよりも長打がないし、ヒットが1本も出ていない選手もいる。
どうやったら、ここまで打てなくなるのでしょうか。
やはり、打撃コーチを総入れ替えしなかったツケなんでしょうかね(汗)

多くの人は既に気づいているでしょうが、今シーズンは全体的にロースコアの試合が多く、ホームランの数も極端に少ない。
まさか、2011年や2012年のような飛ばないボールを使用しているような事はないでしょうか。
一度、検証してみる必要があるとは思いますね。

最後に球場グルメを。
今回の選手弁当は阿部選手をチョイス。
「豪快阿部ドン」という名前の弁当ですが、丼の上に鶏の照り焼きが乗っていて、その周囲に生姜焼きや揚げ物が入った一品。
味は可もなく不可もなくといった印象でした。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
TOKYOvsTOKYO FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる