FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「博士と彼女のセオリー」

<<   作成日時 : 2015/04/09 21:23   >>

トラックバック 16 / コメント 2

映画「博士と彼女のセオリー」を鑑賞しました。

この映画は、車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた人間ドラマ。
将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した彼が、妻ジェーンの献身的な支えを得て、一緒に数々の困難に立ち向かっていくさまをつづる作品。

ストーリーは、天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)はケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い恋に落ちる。
その直後、彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命は2年だと言われてしまう。
それでもスティーヴンと共に困難を乗り越え、彼を支えることを選んだジェーンは、二人で力を合わせて難病に立ち向かっていく。

スティーヴン・ホーキングは実在する人物。
そのスティーヴン・ホーキングを演じたエディ・レッドメインがアカデミー賞において主演男優賞を獲得。
評判もいい作品だったので鑑賞してみる事にしました。

スティーヴンは学業でも成果を上げ、恋人も出来たりと青春を謳歌していた最中に襲った病魔。
その病気はALSと運動神経の障害で、かつてベーブ・ルースと一時代を築いた野球選手のルー・ゲーリックの死因にもなった病気である事からゲーリック病とも呼ばれている難病。

突然襲った病気で、医者からも余命2年と宣告されては、スティーヴン本人も周囲の人々も出せる言葉がないというものでしょう。
実在する人物を基にした作品なので、こういうシーンが出てくる事はわかっていたけど、いざ見てしまうと何とも言えない気分になりました。

それでもスティーヴンは恋人であるジェーンと結婚し、子供も授かる。
ジェーンは何度も限界を感じながらも、愛する夫に尽くしていく姿に心惹かれるものを感じます。

この映画をふりかえるにおいて、やはり主演のエディ・レッドメイン抜きに語れません。
つまずいて倒れる初期の症状から、次第に歩くのが困難になっていく様子。
声を失ってからの意思伝達、そして電動車いすでの移動と病気が進行していく姿を忠実に再現する演技は卒倒させられました。
あそこまで不自由な体を演じられるのは並大抵のものではありません。

尚、余命2年と宣告されたスティーヴン・ホーキング氏は現在も存命しています。
随分、長い余命2年だなと思いながら観ていたけど、正直、まだ存命中だとは知りませんでした(恥)
医学では推し量る事の出来ない何かをスティーヴン・ホーキング氏は持っているのでしょう。

スティーヴンとジェーンは離婚後も友好関係を持っているとの事。
お互いを大事に思うあまりに不器用になりながらも、最後まで思い続けた2人
まさに評判通りの素晴らしいラブストーリーでした。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポスター A4 パターンA 博士と彼女のセオリー 光沢プリント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
博士と彼女のセオリー〜愛のホーキング放射
公式サイト。イギリス映画。原題:The Theory of Everything。ジェーン・ホーキング原作、ジェームズ・マーシュ監督。エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コック ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/04/09 22:08
博士と彼女のセオリー
評価:★★★★☆【4.5点】(11) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2015/04/09 23:07
博士と彼女のセオリー
スティーブン・ホーキング博士の半生を描いた『博士と彼女のセオリー』を観てきました。 ★★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2015/04/09 23:42
博士と彼女のセオリー/エディ・レッドメイン
もともととても期待していた作品ですが先日のアカデミー賞中継を観ていてさらに期待度が高まってしまいました。天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生とスティーヴン・ ... ...続きを見る
カノンな日々
2015/04/10 09:09
最善を尽くした二人の物語〜『博士と彼女のセオリー』
 THE THEORY OF EVERYTHING ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2015/04/10 18:22
博士と彼女のセオリー ★★★★
車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた人間ドラマ。将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した彼が、妻ジェーンの献身的な支えを得て、一緒に数々の困難に立ち向かっていくさまをつづる。監督は、第81回アカデミー賞... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/04/10 18:52
博士と彼女のセオリー 観ました。
今日は天気も悪いのにちょっと遠出して博士と彼女のセオリー(公式HPへ) を観てきました。 ...続きを見る
まぜごはん
2015/04/10 23:41
『博士と彼女のセオリー』
実在の天才博士が主役で、アカデミー主演男優賞ノミネート作で、同日公開。 「イミテーション・ゲーム」とはしご観賞です。 ...続きを見る
時間の無駄と言わないで
2015/04/11 01:27
ショートレビュー「博士と彼女のセオリー・・・・・評価額1650円」
壮大なる愛の時間史。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2015/04/11 22:19
博士と彼女のセオリー
博士と彼女のセオリー &#039;14:イギリス ...続きを見る
C’est joli〜ここちいい毎日を♪...
2015/04/12 20:02
「博士と彼女のセオリー」:脚本も演出も演技も高品質
映画『博士と彼女のセオリー』は、実にウェルメイドなホーキング博士夫妻(元、ですが ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2015/04/12 22:43
博士と彼女のセオリー
スティーヴンとジェーンの“時間” 公式サイト http://hakase.link 原作はジェーン・ホーキングの回顧録「Travelling to Infinity: My Life with Ste ...続きを見る
風に吹かれて
2015/04/13 10:24
博士と彼女のセオリー
1963年、イギリス。 天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)は、ケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、恋に落ちる。 その頃から体調に異変が起き始めたスティーヴンは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断され、余命2年と宣告される。 しかし、ジェーンはひるむことなく、スティーヴンと... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2015/04/13 18:15
博士と彼女のセオリー
 3月末の拙エントリの冒頭で申し上げましたように、映画館が満員で見逃してしまった『博士と彼女のセオリー』を、ようやっと日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2015/04/14 06:27
博士と彼女のセオリー
【概略】 1963年、ケンブリッジ大学で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキングは、中世詩を学ぶジェーンと恋に落ちるが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症、余命2年と宣告される。妻となった彼女の支えで研究を進め時の人となるが、介護と育児に追われる彼女とはすれ違い、病状も悪貨していく。 ラブロマンス ...続きを見る
いやいやえん
2015/08/11 07:50
博士と彼女のセオリー
まずは、スティーヴン・ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインの演技力にも感服しましたが、(アカデミー賞受賞も納得です) ...続きを見る
のほほん便り
2016/05/26 10:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
結婚していながら互いに別の伴侶を求めるのは傍から見れば不倫以外の何物でもないんですけど、この夫婦の場合、そこに深い愛があるゆえに不倫ではない、立派な愛の行為に見えるんですよね。
そこまで相手を想えるってステキだと思いましたよ。
にゃむばなな
URL
2015/04/09 23:21
 >にゃむばななさん
3人目の子供を授かった時は、正直引いてしまったけど、それがジェーンなりの愛の形だったのでしょう。
複雑な部分もあったけど、最高のラブストーリーでした。
FREE TIME
2015/04/09 23:28
映画「博士と彼女のセオリー」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる