FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 名古屋に完勝で昨シーズンのリベンジ

<<   作成日時 : 2015/04/26 06:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

リーグ1stステージ第7節。
首位・浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて名古屋グランパスとの対戦。

ACLではグループリーグ敗退が決まったレッズだが、リーグ戦では、ここまで無敗で首位。
相手は、昨年の最終節で苦杯を喫しV逸させられた名古屋グランパス。
スタートダッシュこそ躓いたが連勝中で、個の力も揃っているだけに怖いチーム。

試合は2−1でレッズの勝利。
レッズが立ち上がりから優勢に立ち主導権を握り、前半39分に関根選手のゴールで先制すると、後半7分にも武藤選手が2試合連続となるゴールをたたき込み追加点。
試合終了間際に1点を返されたが、全体的に相手を上回る内容で勝って勝ち点3を上積みし、首位をキープしました。

今回の名古屋戦は都合により不参戦。
昨年の悔しさを晴らす為にも参戦して勝利を味わいたかったのですが・・・。
試合経過はネットなど確認していましたが、後半途中まで相手に1本もシュートを撃たせていない等、完勝と呼べる試合内容だったようですね。

20歳になったばかりの関根選手が密集地帯から抜け出しての先制ゴール。
ゴール前に詰めていた武藤選手が頭で押し込んだゴール。
2人のプレースタイルが凝縮されていたゴールだったと思います。

そして、守る方ではGK・西川選手のノイアーばりのファインプレーがありましたね。
一歩間違えば同点ゴールだっただけに、非常に勇気と価値があるプレーでした。

一方の名古屋は永井選手を5バックで起用したり、引いて固めたりと余所行きのサッカーをしていた様子。
放ったシュートもわずか4本。
何だか名古屋らしさが見られなかったようです。

試合以外の事で気になったのは観客数が3万人割れた事。
リーグ戦首位、土曜日のデーゲーム、好天と観客が集まる条件が揃っていた関わらず、この数字は寂しい。(行けなかった自分がいうのもなんですが)
やはりACLの件も絡んでいるのでしょうか?

次節は、山梨中銀スタジアムにてヴァンフォーレ甲府との対戦。
相手は、現在リーグ戦5連敗中で最下位に低迷しているチーム。
レッズは、こういうチーム相手に取りこぼす傾向があるので、選手達には落ち着いて試合を進めてほしいと思います。
しかし、何でナイターでやるのやら?


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和レッズマガジン 2015年 04 月号 [雑誌]: JLEAGUESOCCERKING 増刊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ロスタイム92分まではほぼ完勝と言っても良い内容だったので、それだけに最後の失点が悔やまれます。ちゃんと集中してクリアしていれば守れたはずなのですがねぇ。

それにしても土曜の晴天、昼間は暖かかったのに、観衆が3万割れしたのはさびしかったです。相手が地味な名古屋だったというのもあるでしょうけど・・・みんな、ららぽーと富士見オープンに対抗してリニューアルされたコクーンに行ってしまったなんて噂もあれますが、果たして・・・
うえ
URL
2015/04/26 09:28
 >うえさん
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。
最後の失点は余計でしたが、それでも勝ち点3を上積み出来たのは素直に嬉しい結果です。
観客動員の件ですが、最近はアウェーサポの力も必要になってきてしまいましたね。
次のホームはガンバ戦なので4万人は超えるかと思いますが(汗) 
FREE TIME
2015/04/26 10:25
名古屋に完勝で昨シーズンのリベンジ FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる