FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲子園での伝統の一戦は延長戦の末にジャイアンツ勝利

<<   作成日時 : 2015/04/19 21:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日曜日のプロ野球。
予報では雨の地域もありましたが、全試合中止になる事なく行われました。

甲子園ではタイガースvsジャイアンツの伝統の一戦。
この3連戦は、ここまで両チーム1勝1敗。
3戦目に勝って勝ち越すのは、どのチームか。
先発はタイガース・藤浪、ジャイアンツ・高木勇人の両投手。

試合はジャイアンツが3回に、立ち上がりから制球に苦しむ藤浪投手から井端選手がライト前へのにタイムリーヒットで先制。
5回には4番・坂本選手のタイムリーで追加点。

タイガースは前回完封負けを喫し、この試合では5回まで無失点に抑えられていた高木勇人投手から4番・ゴメス選手に同点2ランが飛び出して、試合は振り出しに。
両先発投手とも7回まで投げて、8回から両チームとも継投へ。

8回裏にタイガースが相手のエラーで勝ち越すが、9回表にジャイアンツがタイガースの守護神・呉昇桓投手から3番・橋本選手に同点タイムリー二塁打が出て、試合は9回で決着が着かずに延長戦へ。

延長11回にジャイアンツが二死満塁と勝ち越しのチャンスに小林選手が2点タイムリーが出て勝ち越し。
その裏のタイガースの攻撃を無得点に抑えて試合終了。
今シーズン最初の甲子園伝統の一戦3連戦は5−3でジャイアンツが勝利を飾って、今カード勝ち越し。

この試合はTV朝日とBS朝日でTV観戦。
試合終了までは観る事が出来なかったけど、終盤にドラマがありましたね。
阿部選手が登録抹消され、久しぶりのスタメンマスクとなった小林選手。
リード面では、まだまだ不安がありますが、打の方でアピール。
阿部選手の代役は簡単には務まりませんが、小林選手にとっては、またとないチャンスなので、ここでアピールしておきたい時期です。

8回にタイガースが勝ち越して、9回に呉昇桓投手が出てきた時は勝負あったかなと思いましたが、高橋由伸・橋本ともに初球攻撃からの長短打で同点。
高橋由伸選手が代打でヒットを打って、代走に鈴木尚広選手を起用。
この代走起用も効果がありましたね。
川相監督代行の采配がピタリとあたりました。

逆にタイガースは9回表に守備固めを行った為にゴメス・マートン・西岡が交代。
いくら呉昇桓とはいえ1点差。
せめてゴメスくらいは交代しない方が良かったと思います。

タイガースの藤浪投手は立ち上がりから制球に苦しみ、5回までに100球を費やす投球内容。
仙台ではライバル・大谷投手が完封勝ちし開幕から4連勝。
何となく藤浪投手に伸び悩んでいるところを感じるので、大谷投手とともに将来の日本プロ野球のエースとなっていく為にも一皮むかないとなりませんね。

ジャイアンツは次の試合から原監督が復帰予定。
川相監督代行の5試合は4勝1敗の成績。
阿部・亀井不在と厳しい状況が続きますが、原監督が戻る事でチームに影響があるのか、次のカードが楽しみですね。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊 セ・パ誕生60年 22 1985 猛虎大フィーバー 阪神初の日本一! 2009年 9/15号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
甲子園での伝統の一戦は延長戦の末にジャイアンツ勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる