FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 星稜と前橋育英が決勝進出

<<   作成日時 : 2015/01/10 17:41   >>

トラックバック 1 / コメント 0

第93回全国高校サッカー選手権大会準決勝。
今日から舞台を埼玉スタジアムに移してキックオフ。

準決勝最初の試合は日大藤沢(神奈川)vs星稜(石川)。
星稜は前半22分に相手ファールからPKを獲得。
このPKを外したが、こぼれ球を拾った星稜のクロスボールが相手のオウンゴールを誘い、星稜がラッキーな先制点。
その後も前半だけで2得点を取って、星稜が3点リードで後半へ折り返し。

後半も今大会10得点と攻撃力のある日大藤沢を無失点に抑える堅守を発揮。
試合は3−0で星稜が快勝し、昨年に続いての決勝進出を決めました。

堅守の星稜と攻撃力の日大藤沢。
面白い試合になりそうかと思っていましたが、星稜が攻守に渡って日大藤沢を圧倒。
前半で勝負がついてしまいましたね。

大会前に河崎監督が交通事故に遭い、監督不在で臨んでいる今大会の星稜。
まさか、決勝進出するとはもっていませんでした。
今大会、ここまで1失点のみの堅守が、日大藤沢相手にも通用していましたね。

昨年はあと一歩のところで優勝を逃がした星稜。
2年越しの優勝で河崎監督に優勝旗を届ける事が出来るでしょうか。

準決勝第2試合は流経大柏(千葉)vs前橋育英(群馬)。
試合は両チーム無得点のまま迎えた後半27分。
流経大柏がFC東京への入団が内定している小川選手の技ありのゴールが決まって待望の先制点。
後のない前橋育英は45分に同点に追いつき、試合は1−1のまま決着が着かずにPK戦へ。

PK戦で流経大柏が2人目の選手が外したのに対して、前橋育英は5人全員が成功。
これで前橋育英がPK戦を制して、選手権大会では初の決勝進出を決めました。

準々決勝では両校ともゴールラッシュで快勝しましたが、準決勝では打って変わって1点を巡る攻防。
流経大柏のゴールも素晴らしかったし、前橋育英の同点ゴールも執念を感じました。
PK戦になって、今大会で既に2回経験している流経大柏に分があるかと思いましたが、終わってみたら前橋育英の勝利。
追いついた強みが味方しましたかね。

過去4度準決勝に進出し、全て敗退している前橋育英。
今大会も準決勝の壁に阻まれてしまうのかと思いましたが、5度目の挑戦で初の決勝進出。
初の決勝進出よりも、過去4度ベスト4に進出していたとは知りませんでした・・・。

これで決勝カードは星稜vs前橋育英に決定。
どちらが勝っての初優勝になります。
埼玉スタジアムに決勝の舞台を移して初の決勝戦を制するのは星稜か、もしくは前橋育英か。
自分も時間があれば埼玉スタジアムで観戦しようと思っています。


高校サッカーは頭脳が9割
東邦出版
篠幸彦
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高校サッカーは頭脳が9割 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第93回全国高校サッカー選手権準決勝星稜圧倒的強さで2年連続決勝進出!前橋育英後半ロスタイムに追いつ...
10日第93回全国高校サッカー選手権準決勝が埼玉スタジアム2002で行われ、 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2015/01/11 09:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
星稜と前橋育英が決勝進出 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる