FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「アゲイン 28年目の甲子園」

<<   作成日時 : 2015/01/26 00:00   >>

トラックバック 13 / コメント 2

映画「アゲイン 28年目の甲子園を鑑賞しました。

この映画は、重松清原作の小説を映画化した感動のヒューマンドラマ。
かつての球児たちが甲子園に再挑戦する「マスターズ甲子園」を題材に、大人たちが野球を通して生きる喜びを再認識する姿を活写する作品。

ストーリーは、ある日、坂町晴彦(中井貴一)のもとを、高校時代共に甲子園出場を夢見た野球部仲間の娘である戸沢美枝(波瑠)が訪ねてくる。
彼女は東日本大震災で亡くなった父親の遺品の中から、束になって投函されずに残っていた年賀状を見つけ、晴彦のところへやって来たのだ。
その後晴彦は、美枝がボランティアとして参加する「マスターズ甲子園」に誘われ、昔の苦い思い出が頭をよぎる。

かつての球児が再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」。
名前程度しか知らなかったのですが、どういう大会方式で運営しているのか、この映画を通じて知る事が出来ました。
果たして、私の母校はマスターズ甲子園に加盟しているのでしょうか?(声がかからないから、たぶん加盟していないか・・・)

坂町は高校時代に川越学院という高校の野球部でキャプテンを務めていた人物。
高校時代にあと1勝で甲子園出場が決まるチャンスだったが、部員の暴力事件が発覚して県大会決勝を辞退し、戦わずして甲子園の夢を絶たれてしまう。
今だったら事件を起こして部員のみ処罰されるのだが、当時は連帯責任で出場辞退していた時代。
負けて甲子園出場の夢を絶たれたなら納得していたでしょうけど、戦わずして甲子園出場の夢を絶たれた絶望感と来たらハンパではなかったでしょうね。

ちなみに坂町が在学していたのは1982年から1984年の3年間。
当時の埼玉県の高校野球は県立高校が幅を利かせていた時代。
翌年に私立の立教高校が埼玉県史上初めて私立高校の甲子園を果たすのだが、作者はその事を知っていたかどうかは謎である(笑)

始めは乗り気でなかった坂町も、当時の忘れ物を取り戻そうとマスターズ甲子園の参加を決意する。
そこから先は川越学院の快進撃が続きマスターズ甲子園まで、あと1勝に迫る。
その決勝戦の相手は28年前の県大会決勝で対戦する筈だった所沢工業。

その所沢工相手に苦戦する川越学院ですが、ルーズヴェルトゲームで決着が着いたのはご愛嬌。
出来れば坂町が打って決めてほしかったけど、あえて送りバントでチャンスを広げたのは、「フォア・ザ・チーム」の証なのだと思います。

マスターズ甲子園も本当に甲子園でロケをしたのだから羨ましい。
対戦相手は、かつて甲子園で一時代を築いたあの高校を意識したような校名とユニフォームだったのが個人的に最高でした。

この映画の、もう1つのテーマが「家族の絆」。
坂町は娘・沙奈美(門脇麦)と距離が出来てしまい、高校時代にはエースだった高橋は無職である事から家で厄介者扱い。
そして美枝も父の事を良く知らないまま。

これらの家族の絆がマスターズ甲子園をきっかけに取り戻していくのはわかりやすい設定でしたが、それでも美枝が父が仕事場に置いてあったグローブに書かれた文字を見て剛球号泣するシーンや、試合後のキャッチボールで美枝の計らいで坂町と沙奈美がキャッチボールするシーンには最高の演出でしたね。
そして、最後に坂町と美枝のキャッチボールするシーンが用意されていたのも「こうなるんじゃないか」とわかっていたも心動かされる所がありました(涙)

このように感動的なシーンが多かった映画でしたが、笑えるシーンもありましたね。
特に坂町と高橋の会話のやり取りが実に絶妙で思わず劇場で吹いてしまったシーンがいくつかありました。
特に劇場内で笑いがこぼれていたのが以下のシーン。
高橋「これから風呂に入るんだよ」
坂町「プロに入れるわけねぇだろ!」
高橋「風呂に入ると言ったんだよ」

高校時代の事件がなければプロに入っていたかもしれないと美枝に対して怒鳴った高橋に対して、一旦は高橋宅を出た坂町が、再び高橋宅に戻って口論する場面。
歳はとっても、学生時代の友人相手だと口調も学生時代に戻ってしまうものなのですねw

最後に一番気になったシーン。
それは、マスターズ甲子園出場を決めて喜ぶ坂町達をよそに、一人ベンチ裏に消えて行った当時のマネージャー(和久井映見)。
やはり当時の出来事をひきずっていたのでしょうね。
後ろ姿を寂しそうに見つめる坂町の表情も切なかったです。

甲子園は高校野球をしていた者にとって何年経っても憧れの舞台。
このマスターズ甲子園が、この映画をきっかけに大規模な大会になってくれるといいですね。


アゲイン 28年目の甲子園 (集英社文庫)
集英社
2014-12-16
大森 寿美男
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アゲイン 28年目の甲子園 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アゲイン 28年目の甲子園/中井貴一
元高校球児たちが再び甲子園を目指す“マスターズ甲子園”を題材にしたヒューマン・ドラマです。劇場予告編にあまりそそられませんでしたが、原作者が大好きな作家・重松清さんと ... ...続きを見る
カノンな日々
2015/01/26 20:26
アゲイン 28年目の甲子園
重松清の小説を映画化。 ...続きを見る
花ごよみ
2015/01/26 20:26
アゲイン   28年目の甲子園
★★★★地方大会の決勝前日にある部員の不祥事で出場辞退した中年男性とその家族が、再生に向かっていく姿を野球を通して描いている。キャッチボールという表現方法と浜田省吾のテーマ曲がすばらしい。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2015/01/26 20:29
映画『アゲイン 28年目の甲子園』★「一球“人“魂」であの夏を再び!
&nbsp; &nbsp; 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163969/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 &nbsp;                                            あらすじ→ くわしい 映画レビューです→ コチラ (ネタバレ表示ですが、真相はボカシ) &nbsp; &nbsp; ↓レビューと同じです。 〜〜〜... ...続きを見る
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)...
2015/01/26 23:11
『アゲイン -28年目の甲子園-』 2014年11月28日 よみうりホール
『アゲイン -28年目の甲子園-』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2015/01/26 23:27
『アゲイン−28年目の甲子園−』
----いよいよ。 今年の一本目。 確かこの『28年目の甲子園』って、 去年の夏くらいに観た映画だよね。 そのときから「来年のベスト!」とか言ってなかった? 「そう。 これだけ早からく試写を回しているからには そうとうの自信作だろうとは思ったけど、 これは想像のは... ...続きを見る
ラムの大通り
2015/01/27 00:17
『アゲイン 28年目の甲子園』
□作品オフィシャルサイト 「アゲイン 28年目の甲子園」□監督・脚本 大森寿美男□原作 重松清□キャスト 中井貴一、波瑠、和久井映見、柳葉敏郎、門脇 麦■鑑賞日 1月17日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  もうひ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2015/01/27 21:42
『アゲイン 28年目の甲子園』
一球入魂。一球人魂。 甲子園への出場という若き日の夢が叶わなかった三十路超えの元高校球児たちが再び夢の聖地を目指す大会:マスターズ甲子園。 この今年で12回目を迎える、参 ... ...続きを見る
こねたみっくす
2015/01/27 23:37
アゲイン 28年目の甲子園 ★★★
『亡国のイージス』などのベテラン俳優中井貴一が主演を務め、重松清原作の小説を映画化した感動のヒューマンドラマ。かつての球児たちが甲子園に再挑戦する「マスターズ甲子園」を題材に、大人たちが野球を通して生きる喜びを再認識する姿を活写する。亡き友人の娘を役者... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/01/29 16:33
『アゲイン 28年目の甲子園』('15初鑑賞9・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:00の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2015/01/29 20:51
「アゲイン 28年目の甲子園」高校時代の経緯を振り返った先にみたみんなを守るために犠牲になった部員の...
「アゲイン 28年目の甲子園」はマスターズ甲子園に出場しませんか?と訪れた事務局の女子大生がかつての野球部の部員だった事をキッカケに過去と向き合いマスターズ甲子園出場を ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2015/02/10 00:29
アゲイン 28年目の甲子園
[アゲイン28年目の甲子園] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:大吉 2015年3本目です。 【あらすじ】 県大会決勝の前日に部員の不祥事が発覚し、甲子園の夢を断たれた川越学院高校。 ある日、当時のキャプテンの坂町晴彦(中井貴一)の… ...続きを見る
必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・...
2015/02/22 22:43
No.477 アゲイン 28年目の甲子園
元高校球児たちが再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」を題材に描いた重松清の小説「アゲイン」を、中井貴一主演で映画化。46歳の晴彦のもとに、高校時代にともに甲子園を目指 ... ...続きを見る
気ままな映画生活
2015/02/28 23:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
甲子園を聖地と崇め、ずっと憧れを持ってきたスタッフやキャストたちの溢れんばかりの喜び。
それが映画から伝わってきましたよね。
山プー役の村木さんも高校球児だったらしく、ファーストへのヘッドスライディングシーンなんて、物凄く嬉しかったのでしょうね。
にゃむばなな
URL
2015/01/27 23:37
 >にゃむばななさん
野球をしてきた人達にとって甲子園は憧れの舞台。
そこで試合が出来る事の喜びを感じる事が出来る映画でしたよ。
村木さんは元高校球児だったのですね。
打ち方が様になっていたから、野球をやっていたかなとは思っていましたが(汗)
FREE TIME
2015/01/27 23:42
映画「アゲイン 28年目の甲子園」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる