FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年も終盤に失速しV逸

<<   作成日時 : 2014/12/06 20:49   >>

トラックバック 1 / コメント 4

Jリーグ最終節。
2位・浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて名古屋グランパスとの対戦。

前節はラストプレーで同点に追いつかれ、長い間守ってきた首位の座から陥落したレッズ。
首位・ガンバ大阪の相手は、既に降格が決まっているダントツ最下位の徳島。
まずは、グランパスに勝って、徳島からの吉報を待ちたい試合。
画像

日本海側では大雪が降っている影響で、ビッグスワンでの新潟vs柏は中止。
埼玉でも晴れてはいるものの、昼間になっても寒い。
それでも、今季最終戦なので、自分もスタジアムに駆け付けました。

試合は開始早々にレッズがCKから槙野選手のヘディングシュートが決まって先制。
その後は守勢に回る展開が多かったが、何とか1点リードを守って後半へ折り返し。
前半終了時点でガンバは0−0のドロー。
画像

後半もレッズが虎の子の1点を守る展開が続いていたが、後半27分にグランパスがCKから同点。
そして、44分にはカウンターから永井選手のゴールが決まって逆転。
試合は、2−1で浦和レッズが敗れ、この時点で8年ぶりの優勝は消滅。
首位・ガンバ大阪は徳島相手に引き分けたが、勝ち点で1つ上回って、この時点でガンバ大阪の9年ぶり2度目のリーグ優勝が決まりました。

幸先良く1点は先制したけど、その後はグランパス相手に押され気味。
それでも西川選手中心に凌いでいたけど、いずれ追いつかれるような予感はありました。

今年も昨年と同じ事の繰り返しで世紀のV逸。
ここまで勝負弱いと呪われているとしか言いようがありません。
ガンバ戦はドローで良かったのに、焦って勝ちに行こうとして自滅してしまった事が最後の最後に響いてしまった形です。

選手達のメンタルの弱さも問題だが、ミシャ監督の采配と選手起用にも不満があります。
ガンバ戦で興梠、今日は啓太と万全のコンディションでない選手を強行出場させたけど、他のリザーブの選手はケガ人、病人以下と見ているのだろうか?
特定の選手に肩入れする起用法は見直すべきでしょう。

試合終了後のセレモニーで淵田社長に対してブーイング。
自分には、このブーイングが理解できなかった。
優勝出来なかったのは監督と選手の問題であってフロントの問題ではない。
ましてはシーズン初めにサポーターがクラブに迷惑をかけていたのに、社長に八つ当たりのようなブーイングする連中は何も反省していなかったという事でしょう。

そして、今季限りでの退団が決まっている坪井選手の挨拶。
リーグ優勝、ACL制覇と彼の力が大きかっただけに、チームを離れてしまうのは残念ですが、そこは勝負の世界。
おそらく湘南へ移籍すると思いますが、来年は敵として埼スタのピッチに立ってくれることを心待ちにしております。
画像

画像

これで浦和レッズの2014年は終了しました。
今年の総括記事は、年末に書く予定です。


浦和レッズあるある
ティー・オーエンタテインメント
浦和レッズあるある研究会
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和レッズあるある の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カ?ンハ?大阪、逆転優勝!
J1最終節はガンバ大阪が徳島と引き分け。 浦和は名古屋にホームで負けて2位となった。   ガンバ大阪、9年ぶりサッカーJ1制覇(日経新聞) ガンバの優勝は9年ぶり。 J2昇格後すぐの優勝は11年の柏以来。 一時は降格圏にいたものの、連勝でここまで来た。 セ… ...続きを見る
りゅうちゃん別館
2014/12/07 16:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

最後の3試合でここまで勝負弱い戦いをしてしまうと何を焦ってしまったのだろうか?という感じですね。
これだけの選手が揃っている以上フロントが原因というのはいかにもおかしいと思いますし、前社長が罵声を浴びながらも3年前の15位からここまで立て直した訳ですからフロントが悪いといったら他のチームからブーイングを浴びてしまいますね。
ただ強いて上げるとすれば決定力抜群の長身ストライカー不在というのは感じますね。ミシャはどうして寿人や興梠のようなスピードスターばかり拘るのか?逆に疑問に感じます。
この1年サポーターが無観客試合という重みをどう感じていたのかを最終節で感じたのかもしれません。
うちは雪で延期となりましたが、まさかJリーグから事実上の無観客試合の仕打ちを受けるとは夢にも思いませんでした。まるで雪が降る新潟は邪魔だと言わんばかりです。100年構想の理念は何処に行ったのか?という感じです。私の総括は最終戦後にしようと思っています。
PGM21
URL
2014/12/06 23:32
 >PGM21さん
お世話になっております。
本当に昨年と同じ失敗の繰り返しで、自ら優勝を手離す結果になってしまいました。
ミシャ監督になってから、年々勝ち点を上げていますが、特定の選手を贔屓して使う傾向があるので、そこは不満に感じています。

新潟vs柏戦の代替試合がカシマスタジアムと聞いて唖然としました。
地理的に柏の方が断然近いし、月曜日に新潟から茨城まで駆けつける人なんて少ないでしょう。
100年構想なんて、口だけの理念だったようです。
FREE TIME
2014/12/07 00:24
こんばんはです。
鳥栖戦の失態から、やはりこうなると思っていた自分がいました。本当にこうなってしまいました。レッズらしいです。何だかもう、それ以上の考えが浮かばないんですよね。このショックはちょっと長引きそうです。時間をかけて立ち直りたいですけど。

社長へのブーイングはもう決まり事として割り切っていますが、お約束のように発生したので、不真面目と思われるかも知れませんが正直吹いてしまいました。ぶっちゃけ今の社長は土地雄就任で、余り罪は無いんですよね。まあ社長としての責任でしょうけど・・・。

とりあえず今季も終わりましたね。先ずはお疲れ様でした。
うえ
URL
2014/12/07 20:50
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
流石に今年は大丈夫だろうと思っていたのに、まさかのV逸。
これがレッズの悪い伝統なんですね。
早速、来季に向けての動きが取りざたされていますが、この内容を読む度に苛立ちを感じてしまいます。
一体、浦和レッズは何処へ向かってしまうのか不安です。
FREE TIME
2014/12/07 22:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年も終盤に失速しV逸 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる