FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 浦和レッズ2014年総括

<<   作成日時 : 2014/12/25 20:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今年も残りわずかとなりましたが、今回は浦和レッズの2014年を総括したいと思います。

昨シーズンは終盤に守備崩壊による急失速で優勝もACLも逃がした浦和レッズ。
新加入選手として日本代表のGKでもある西川周作選手を獲得。
1ステージ制最後となる今シーズンは絶対に優勝したいという気持ちが強かったです。

今シーズンの成績は18勝8敗8分けで、最終順位は2位。
ナビスコ杯は準々決勝敗退、天皇杯は3回戦敗退。
結局、今年も無冠に終わってしまいました。

8月から首位をキープして一時は独走態勢に入ったレッズ。
守備面でも西川選手中心に安定し、失点が大幅に減った事から、今年こそ優勝出来るのではないかから優勝出来るという期待を抱きました。

しかし、32節に2位・ガンバ大阪との直接対決で敗れ、33節にはラスト1プレーで同点に追いつかれ痛恨のドロー。
そして、最終節でも敗れて昨年と同じ轍を踏む羽目になってしまいました。

やはり、32節のガンバ戦を落としたのが全てだったと思います。
ドローでもOKだった試合で、監督も選手も勝ちに行こうとして焦って前がかりに出たところをカウンターでやられての失点。
スタジアムの雰囲気がそのような気持ちを強くさせたのかと思うけど、やはり残り時間を考えるとドローでOKの選択をしてほしかったです。

他にも痛かったのがチーム得点王でもある興梠選手の故障離脱と、海外移籍した原口選手の穴を埋められなかった事。
昨年2ケタゴールを挙げた2人が同時にいなくなった事で、終盤は得点力不足になってしまった。
代わりに起用した李、マルシオがサッパリだったのも大誤算でしたね・・・。

そして監督の采配にも問題あり。
ガンバ戦で骨折で離脱していた興梠、最終節では体調不良で離脱していた啓太を起用していたが、自分には、この選手起用が信じられなかった。
他にもリザーブ選手がいるけど、彼等はケガ人や病人以下と監督は見ているのでしょうか?
ミシャが監督になってから毎年のように優勝争いをしているけど、何で今までタイトルとは無縁だったのかがよくわかるような気がしました。

今シーズンのベストゲームを1試合挙げるとすると、ホーム・大宮戦。
来シーズンは見られないさいたまダービーで圧勝。
攻撃面でもやりたい放題で守備面でも無失点。
これまで苦戦していた事が嘘のような快勝劇でした。

逆にワーストはホーム・鳥栖戦。
ワーストに挙げた原因は試合内容だけでなく、スタジアムの雰囲気もおかしかった事。
この件については、ニュースでも報じられたので、ここでは書きませんが、この試合後には流石に心が折れてしまったし、今でも思い出すと嫌な気持ちにさせられます。
もう、あのような失態は二度と繰り返してはいけません。

アジア杯が年明け早々に行われる影響で、天皇杯決勝を年内に行った関係で、新加入選手や退団選手の情報が続々と出てきています。
その中でももっとも話題に事欠かないのがレッズ。
現時点で橋本(柏)、高木(清水)、ズラタン(大宮)、石原(広島)、加賀(FC東京)の移籍と、レンタルに出ていた岡本、大谷、小島の3選手が復帰。
一方で、坪井、山岸、加藤の生え抜き3選手、そしてマルシオ、関口と他クラブからレッズに移籍した2選手が退団しました。

正直、今年の補強に関しては、「これでいいのか?」という気持ち。
補強と言えるレベルの選手はズラタン選手のみで、他の選手は補強というより数合わせの補充。
監督の言いなりに動いているだけで、自分の力で選手を獲得出来ないGMと、自分好みの選手しかリクエストしない監督に不信感を抱いてしまいます。

今季の観戦はリーグ戦17試合観戦、ナビスコ杯1試合。
観戦成績は12勝4敗2分。
アウェーは、わずか2試合の観戦(柏、横浜)

アウェーグルメは以下の通り
柏・・・レイソルカレーラーメン
横浜・・・シュウマイ弁当(崎陽軒)

最後に、今シーズンも共に戦った同志の皆様、大変お疲れ様でした。
来年から2ステージ制が導入され、ACLと併行して戦う事になります。
正直、今年の事があるので、あまり大きな期待をかける事はないと思いますが、今度こそ優勝を歓喜を味わう為にも来年もサポートしていきましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
先ずは今シーズンも大変お疲れ様でした。優勝争い、そして優勝を手中に収めたかに見えた後一歩での自滅。これほど天国から地獄を一気に味わったシーズンも無かったと言っても過言ではないくらいに、本当に悔しいシーズンになってしまったと思います。
それと個人的に、ミシャが最後の最後であれほどブレる人物だったのがショックでした。やはり弱点が監督だったという事にもなってしまいますが、それが来年も続く危険性があるだけに、やはり不安は否めません。それでも来年こその優勝を期待しちゃうんですけどね・・・。
個人的なベストゲームは、悪い意味で日本中から注目されての窮地の中で勝利したアウェー広島戦ですかね。気持ちが入っていての勝利という意味で、今季で一番印象深いものになりました。あの時の西川の満面の笑みが嬉しかったです。

そして今年もブログの方もお世話になり、本当にありがとうございました。レッズの優勝を目指しつつ、また引き続き来年もよろしくお願いします。
では、良い年をお迎えください。
うえ
URL
2014/12/26 20:17
 >うえさん
こんばんは。
本当に今シーズンは歓喜を味わう一歩手前で地獄を見てしまいましたね。
2007年はACL制覇したからリーグ優勝を逃がした悔しさを相殺出来たけど、今年は無冠ですからね…。
ミシャが平常心で指揮を執れなかった事にもガッカリでした。
アウェー・広島戦は不参戦でしたけど、逆境をはねのけての勝利は自分も広島で味わいたかったです。

最後に今年も1年間お世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。
それでは良いお年を。
FREE TIME
2014/12/26 23:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
浦和レッズ2014年総括  FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる