FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンバ大阪 天皇杯制して三冠達成

<<   作成日時 : 2014/12/13 18:30   >>

トラックバック 2 / コメント 2

ガンバ大阪が天皇杯を5年ぶりに制覇。
ナビスコ杯、リーグ戦と合わせて三冠を達成しました。

第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝。
今回の決勝カードはガンバ大阪vsモンテディオ山形。

ナビスコ杯、リーグ戦と2つのタイトルを獲得しているガンバ大阪。
対するは、POを制して来季からJ1で戦うモンテディオ山形。
ともにいい流れでここまで来たが、勝つのはどちらか。

試合開始早々からアグレッシブなプレスを見せるモンテディオ山形がガンバ陣内を攻め込むが、前半4分にガンバが速い攻めから宇佐美選手がゴールを決めてガンバが先制。
22分にはカウンターから追加点。

モンテディオもチャンスを掴むが、ガンバ大阪のGK・東口選手のファインセーブもあって無得点。
ガンバにとっては理想的な試合運びで前半終了。

後半にモンテディオは、積極的に選手を交代するなどして反撃し、後半17分に1点を返して1点差。
このままガンバが1点リードのまま、試合も終盤に差し掛かったところで、40分に宇佐美選手がダメ押しとなるゴール。
結局、天皇杯決勝は3−1でガンバ大阪がモンテディオ山形に勝って前身の松下電器時代も含めて5年ぶり4回目の天皇杯制覇。
これで、ナビスコ杯・リーグ戦と合わせて2000年の鹿島以来となる三冠を達成。
昇格チームの三冠達成は史上初の快挙です。

例年なら元日に国立競技場で開催される天皇杯決勝。
今大会はアジアカップの日程の関係と国立競技場が東京五輪に向けて改修中という事もあって、年内決勝で会場は日産スタジアム。
元日の風物詩といえる天皇杯決勝が、この時期に行われるのは、何だか違和感があるけど、選手達にとっては早くオフに入れるのでいいのかもしれないですね。

山形が勢いそのままにガンバを食う事を期待していたのですが、そんなに甘くなかったですね。
リーグ戦での強さそのままにガンバが横綱相撲を展開していました。

それにしても、リーグ戦中断明け後のガンバは強かった。
開幕前にケガをして長期離脱していた宇佐美選手が復帰し、補強面ではパトリック選手が加入。
川崎、甲府では今ひとつだったパトリックでしたが、ガンバでは予想外の活躍。
彼の途中加入も三冠獲得の原動力といえるでしょう。

もう1つは守備面が強化された事。
以前のガンバだったら得点は多いが失点も多いチームだったけど、今年のガンバは守備も堅かった。
やはり、GK・東口選手の加入も大きかったですね。
決勝戦でも東口選手の好守がなかったらどうなっていたかわかりませんでしたから。

これでJリーグの2014年シーズンが終了。
正直、昨年はJ2だったガンバに三冠を達成されるのは癪ですが、史上2チーム目の三冠達成に関しては「おめでとう」の言葉を贈りたいと思います。

来年は2ステージ制で戦う最初のシーズン。
ACLを戦う4チーム(ガンバ、浦和、鹿島、柏)にとっては相当に厳しいシーズンになるでしょう。
そして2ステージ制のシステムに次々と欠陥が明らかになって数年で頓挫するかもしれません。
どのようなシーズンになるかわかりませんが、来年のJリーグも要注目です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガンバ大阪、三冠統一
 第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会。本日、横浜国際総合競技場で決勝戦が行われた。例年だと元日に決勝が行われるのだが、今回の大会は、来年1月に豪州でアジア杯が行 ... ...続きを見る
KAMMY'S HOMEPAGE 写真館...
2014/12/13 21:24
サッカー天皇杯14決勝ガンバ大阪圧倒的攻撃力で史上初J1昇格即3冠を達成し最高のシーズンを終えた
13日サッカー天皇杯2014決勝ガンバ大阪対モンテディオ山形戦日産スタジアムで行われ、 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2014/12/14 17:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

そうですね。今回のガンバの事例はこれが最後であってほしいところです。多少お金があれば達成できると思われるのが1番嫌ですからね。
ガンバの場合これまで守備が弱く、特にGKにはJリーグ参加以来泣かされてきましたが、やはり東口の活躍なしには今季は語れないと思います。東口が34試合出場しなければリーグ戦では前半14試合で16位に止まれなかったと思います。攻撃は宇佐美の復活に尽きるでしょうね。東口の堅守に宇佐美の攻撃力があれば遠藤がゲームをコントロールすればそれは確り勝てる土台はありますし、得点が獲れれば敵なしだったのは頷けます。
来季は昇格したチームを踏まえるとかなり年間順位は格差が付きそうな気がしています。
浦和についてですが、個人的に感じているのは30代前半のベテランが多数になるという事が過密日程をどう戦っていくのか?というのが1番不安視しています。既に補強はされていますがCBとボランチはベテラン中心なのが気掛かりではあります。圧倒的な力ある外国人選手1人獲得できればかなり違うのでしょうけれどね。
PGM21
URL
2014/12/14 17:32
 >PGM21さん
こんばんは。
本来ならJ2に降格するような戦力じゃなかったんですけどね…。
今思えば、セホーンって何だったのでしょうか?
攻撃力ばかりに目がいきがちなガンバですが、やはり東口選手の加入が大きいですね。
先月の直接対決でも彼の好守にやられましたから。
レッズに関しては、新加入選手が次々と発表されていますが、補強というには微妙な選手が多いのが気がかりです。
隣のチームから噂の外国人選手の加入が発表されたら、少しは補強らしくなるのかなと思っています。
FREE TIME
2014/12/14 20:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ガンバ大阪 天皇杯制して三冠達成 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる