FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンバとの直接対決に敗れ勝ち点差2に詰められる

<<   作成日時 : 2014/11/24 19:10   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第32節。
首位・浦和レッズは、2位・ガンバ大阪との直接対決。

現在、ガンバとの勝ち点差は5。
勝てば8年ぶりの優勝が決まる試合ではあるが、引き分けでもガンバを追い詰められる事が出来る。
この試合はレッズよりもガンバにとって負けられない大事な試合。
画像

チケット完売という事もあって、いつもより早くスタジアム入りしましたが、それでも、かなりの人がスタジアム入りし、並んでいました。
まさか南側でも当日抽選をやっていたとは・・・。

試合前には今シーズン封印していたビジュアルを敢行。
優勝が決まるかもしれない試合のビジュアルにしては地味でしたが、これで選手達のサポートをする事は出来たと思います。
画像

試合は前半はレッズペース。
素早いパス回しからガンバ陣営に攻め上がるが、相手の堅い守備になかなかゴールが割る事が出来ず、前半は両チーム無得点で後半へ。

後半も0−0が均衡が破られないまま、後半も40分台へ。
そして後半43分にガンバがカウンターから途中出場の佐藤選手のゴールが決まってガンバが先制。
更にATでもダメ押しとなる2点目を奪って勝負あり。

試合は2−0でガンバ大阪が浦和レッズに勝利して、これでレッズとガンバの勝ち点差は2に縮まりました。
そして、3位・鹿島、4位・鳥栖も勝ったので、4チームによる優勝争いと更に混沌としてきました。
画像

生観戦していて首位と2位の対決にふさわしい好ゲームでしたが、勝ったのはガンバ。
伊達にナビスコ杯を制し、天皇杯も勝ち残っていて3冠を狙っているチームではない事を痛感しました。
開幕戦では「ガンバ大丈夫か?」と思う程に酷かったのに・・・。

レッズとしては試合展開からして勝つ事よりも負けない事に専念すべきだった試合。
それだけ相手GK・東口選手が当たっていたし、DF陣の守備も堅かった。
しかし、監督も選手も勝つ事に気持ちが向かっていたばかりに一瞬のスキを突かれての先制点。
これもスタジアムの雰囲気がそうさせてしまったのだろうか?

ミシャ監督はマルシオ、関根と攻撃的な選手を早めに投入したのに対して、ガンバ・長谷川監督は、この試合では機能していなかった3人の攻撃的な選手を総入れ替え。
この采配が的中しての2得点。
監督の采配で勝敗が決まった試合になってしまいましたね。

ましてや故障明けの興梠選手を起用したのはどうだったのか。
出場時間が短かったので評価のしようがないけど、試合後に足を引きずって歩く姿を見て、やはり出すべきではなかったと思います。

まだ首位ではあるけど、正直、優勝の可能性は厳しくなったと思います。
残り2試合はレッズよりもガンバの方に分がある相手。
レッズとしては残り2試合を全勝しないと優勝はないと思っています。

次節はアウェー・ベストアメニティスタジアムにてサガン鳥栖との対戦。
アウェー・鳥栖戦は3年連続で33節。
もう少し工夫のある日程を決めないものだろうか?
しかも、昨年・一昨年とアウェー・鳥栖戦は敗れている鬼門のスタジアム。
もう、後のない状況に追い込まれた以上は、過去2年の雪辱を晴らして、今度こそ優勝を決めてほしいです。

※土曜日からPCの調子が悪く、私自身も昨日から頭痛に悩まされてブログの更新が遅れてしまいました。
PCの調子は元に戻ったので、他にも滞っていた記事を更新してまいります。


浦和レッズ イヤーDVD 2006
データスタジアム
2009-07-24
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和レッズ イヤーDVD 2006 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

敗戦のショックで書けないのかと思いましたがそんな諸事情だったんですね。
それはさておきこの試合を落としたのは非常に痛いですね。あのままドローで良かった試合だっただけに浦和にとっては負けただけでなく最悪次節勝てないとガンバの大逆転優勝を許す可能性が99%という状況ですからね。
ガンバの最終節がボーナスステージの徳島ですから・・・
やはり昨年東口に君がいれば優勝できる何て言ったのがガンバで決めそうな状況ですから自分が伝えた言葉が本当になってしまいそうな状況です。
とはいえ史上2度目のJリーグの失態だけは絶対に避けなければならないだけに何としても鳥栖に勝って最終節で決めてほしいと思います。
鳥栖勝たなければ優勝はないという重圧に勝てるかが問題でしょうね。
PGM21
URL
2014/11/24 23:58
 >PGM21さん
お世話になっております。
確かに敗戦のショックはありましたが、それに追い打ちをかけるような不幸の連続でした。
本来ならドローでも良かった試合なのにベンチは攻撃的な選手と交代して、選手も勝つ事に焦っていたような感じでした。
そこをガンバに付け込まれてしまいましたね。
ここ数試合、得点力不足なので、相手に点を与えない事が、今のレッズにとって勝利の近道でしょう。
FREE TIME
2014/11/25 18:27
こんばんはです。
土曜日はお疲れ様でした。優勝がかかった試合だけ合って久々の完売5万人超えで大混雑でしたね。ここで優勝・・・となれば最高だったのですが、そうは問屋が卸してくれない結果になってしまい、実に悔しいです。
ここから優勝を狙うにあたり状況的には、数字上はレッズ、勢いではガンバ、それに続くのが不気味な鹿島といったところですね。特にガンバは根拠ある強さと勢いがあるのでもう負けないと見て、これでレッズは絶対に連勝しなければ優勝は無いでしょうね。その気概で鳥栖まで行ってまいります。
うえ
URL
2014/11/25 18:46
 >うえさん
こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
勝てば優勝という雰囲気だった分、負けたダメージは大きいですね。
ガンバの残り2試合の相手を見てもレッズは鳥栖と名古屋に勝たない事には優勝はないと見ています。
私は鳥栖には行けませんが、サポートを宜しくお願い致します。
FREE TIME
2014/11/25 19:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ガンバとの直接対決に敗れ勝ち点差2に詰められる FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる