FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿島との直接対決はドローもガンバとの勝ち点差が3に縮まる

<<   作成日時 : 2014/10/27 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第30節。
首位・浦和レッズはアウェー・カシマスタジアムにて4位・鹿島アントラーズとの対戦。

今シーズンも残り5試合。
相手は逆転優勝に挑む鹿島アントラーズ。
前節まで鹿島との勝ち点差は7。
レッズよりもアントラーズの方が負けられない戦い。

スタメンで前節から3人入れ替え。
マルシオ選手が今季初スタメン。
青木、関根両選手が久しぶりのスタメン出場。

試合は開始早々にレッズがPKを獲得。
このPKをマルシオ選手に託したが外してしまい先取点の絶好のチャンスを逃がしてしまう。

このPK失敗をきっかけに流れはアントラーズに傾きレッズが守勢に回る展開へ。
そして、前半39分にアントラーズが先制ゴール。
前半はアントラーズ1点リードで折り返し。

後半にレッズは関口、李と攻撃的な選手を立て続けに投入。
この投入が功を奏し、後半18分に阿部選手のシュートのこぼれ球に反応した李忠成選手が押し込んでレッズが同点。

しかし、その後は疲労もあってか両チームとも攻撃が雑になり、試合は1−1のドロー。
両チームの勝ち点差は7のまま。
2位・ガンバ大阪が勝ったので、首位・レッズとの勝ち点差は3に。
いよいよ射程圏内に捉えられてしまいました。

客観的に見ると両チームの意地と意地がぶつかり合った好ゲーム。
でも、結果はドロー。
レッズとしてはアウェーで勝ち点1は最低限の結果ですが、これで3試合未勝利。
アントラーズに至っては残り4試合で勝ち点7は、逆転優勝するにはほぼ絶望的な数字。
川崎、鳥栖は負けたけど、一番負けてほしいガンバが勝ったので、両チームにとって痛み分けですね。

あとPKを外したシーン。
マルシオが長考していたのを見て外しそうな予感がしていたけど、本当に外してしまった・・・。
ファールを貰った興梠選手が蹴るべきではなかったのだろうかと思ったけど、彼がPKを蹴ろうとしたら真後ろの鹿サポから強烈なブーイングを浴びせられて集中できなくなっていた気がする。
そう思うと、やはりマルシオに任せるのが妥当だったのだろうか?
それと負傷退場した慎三の、その後が気になる・・・。

それにしても今節の日程には理解に苦しむ部分があります。
水曜日の試合から中3日とはいえ、日曜日の試合で、夜は日に日に寒くなっているのに9試合中6試合がナイター。
しかも裏ではプロ野球の日本シリーズが行われていて、世間の関心はこちらに向いている。
こんなやり方で観客が増えるわけないでしょうに。
自分も鹿島遠征に行きたかったのだが、場所が場所だけに試合開始時刻が発表された時点で参戦を取りやめました。

次節はアウェー・日産スタジアムにて横浜Fマリノスとの対戦。
この試合は11月3日に行われて、残りの試合は11月2日に行われるという、これまた理解に苦しむ日程。
ただ、ガンバの試合結果を確認して試合に臨めるので、そこは強みというべきか。
最後に日曜ナイターにも関わらず、鹿島まで応援に駆け付けたサポの皆様ご苦労様でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

マルシオのPKが決まっていたらこの試合確実に勝ち点3を獲れていた試合だったと思います。それでも勝ち点1を拾えた事は大きかったと思いますし、ガンバとの直接対決も残しているだけに焦らない事が大切ですね。
確かに浦和戦だけ別とは何ともし難いところですね。
うちはほぼ残留を手中に収めたので次の鹿島戦で本決めするつもりです。達也も久しぶりにゴールを決めたのでまだまだ若手には負けない姿をみせてくれています。
それ以上に今年ほど残留争いが凄いシーズンもないですね。2年前は渦中にあった訳ですが、こうやってほぼ残留が決まってみると渦中にいる事がいかに苦しいものなのかを感じます。
PGM21
URL
2014/10/27 00:10
 >PGM21さん
お世話になっております。
マルシオのPKが決まっていたら、もっと楽な展開で試合を進められたのに残念な結果です。
次節のマリノス戦は前日のガンバ戦の結果如何によっては厳しくもなるし楽にもなります。
勿論、楽な状態で臨みたいですが(笑)
新潟さんは達也がゴールを決めて鳥栖に引導を渡してくれましたね。
次節は鹿島にトドメをさしてあげて下さいます様、宜しくお願い致します。
FREE TIME
2014/10/27 00:34
こんばんはです。
試合中は良く追い付いた事で、この試合だけを考えたらドローでも上々かなとも思っていました。ところがガンバが勝った事で・・・本来なら勝たなければいけなかったんですね、この試合。

そして先ほど、興梠が骨折だったという大変ショッキングなニュースが飛び込んで来ました。余りの悪夢に一瞬目の前が真っ暗になりましたが・・・
こうなった以上、もう割り切っての総力戦で行くしかないですね。とにかく横浜に勝つしかありません。
うえ
URL
2014/10/27 19:14
 >うえさん
ガンバは勝ったけど、鹿島を蹴落としてターゲットを減らす事が出来たのでドローでもまずまずの結果だったと思います。
しかし、興梠骨折と聞いて、私も目の前が真っ暗になりました。
腓骨はくっつきやすいとも言いますが、残り4試合は興梠抜きで戦うしかないと思っています。
次のマリノス戦はガンバの結果に関係なく勝つしかありません。
FREE TIME
2014/10/27 21:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鹿島との直接対決はドローもガンバとの勝ち点差が3に縮まる FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる