FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 大竹投手が古巣相手にKO カープ逆転勝利

<<   作成日時 : 2014/08/03 19:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

8月になって猛暑日が続く東京。
そんな暑い中、今日は東京ドームにてジャイアンツvsカープの3連戦を観戦しました。

この3連戦は、ここまでジャイアンツの1勝1分け。
ジャイアンツが勝って3位・カープとのゲーム差を広げられるのか、もしくはカープがゲーム差を縮めるのか。
先発はジャイアンツ・大竹、カープ・福井の両投手。

FA権を行使してカープからジャイアンツの移籍した大竹投手。
試合前の先発投手の紹介と、試合前にマウンドに上がってきた時にレフトスタンドのカープファンからブーイング浴びてしました。
一方の福井投手は高校時代にジャイアンツからの指名を断って、大学進学後にドラフト1位でカープに入団。
これって因縁の対決?
画像

試合は2回にジャイアンツがロペス選手の特大2ランホームランで先制。
古巣であるカープに2度目の登板となる大竹投手は5回までカープ打線を1安打無失点に抑える完璧な投球内容。

しかし、6回にカープが打順が三回りしたところで堂林選手が1点差に迫るホームランを皮切りに、連打で同点としたところで大竹投手が降板。
2番手投手には元カープの青木投手を起用するが、二死後にルーキーの田中選手に逆転タイムリー。
その後も変わった3番手の香月投手から3点を追加して、この回に一挙6点のビッグイニング。
結局、この6回の攻撃がものをいってカープが7−2でジャイアンツに逆転勝利。
これでゲーム差を再び3.5差に縮めました。
画像

5回までは完璧な投球をしていた大竹投手。
しかし、これまでも6回以降に急に崩れるパターンがあったので、すんなりいきないとは思っていましたが堂林選手にホームランを打たれてから完全に別人のような投球内容に。
出来れば同点になっても続投させるべきだったと思いますが、これまでも同じ失敗を繰り返しているのでベンチが交代の判断を下したのもやむなし。

その大竹投手の人的補償でカープに入団した一岡投手が8回から2番手として登場し3者凡退に抑える好投で、この試合に関していえば完全に明暗が分かれてしまいました。
実は一岡投手には新人王の権利が残っているようです。
チームメイトの大瀬良投手が足踏みしているので、一岡投手やドラゴンズの福谷投手との争いになるかもしれませんね。

最後に球場グルメを。
今回の選手弁当は阿部投手をチョイス。
バーベキューをイメージした弁当との事だが、正直、微妙な味でした。
ガーリック風味のライスは美味しかったけど、他のおかずに、あまり味がなくて何だかなぁ・・・。
画像



カープ好きじゃけん(サンケイスポーツ特別版)
サンケイスポーツ
大阪サンケイスポーツ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カープ好きじゃけん(サンケイスポーツ特別版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
大竹投手が古巣相手にKO カープ逆転勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる