FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 山田暢久引退試合

<<   作成日時 : 2014/07/07 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 2

昨年まで浦和レッズの選手として20年間プレー、そして引退した山田暢久選手の引退試合を観に埼玉スタジアムまで行ってきました。

現在のレッズの選手と、歴代のレッズOBチームとの対戦。
レッズの選手で引退試合が催されるのは福田正博氏以来。
かつてレッズの選手としてプレーしていた人達が埼スタに帰ってくるだけでもスタジアムに行く甲斐があるというものです。
画像

歴代選抜の面々は、リーグ優勝やACL制覇した2006年〜2007年のメンバーが中心。
現在の所属チームの関係で出席できなかった選手がいますが、それがチーム事情もあるので仕方ありません。

既に引退したポンテ、ワシントン、都築。
今は他のチームでプレーしている長谷部、達也、伸二、闘莉王と懐かしい面々が揃っていて壮観。
今のチームもいいけど、やはり当時のチームの方が個人的には魅力的です。
画像

試合は、引退試合にふさわしく勝ち負けよりも楽しむ事がメイン。
槙野がスアレスの真似をして坪井の右肩に噛みついたり、闘莉王のシュートを味方である筈の暢久がブロックしたりと通常のリーグ戦では見られないような光景。

やはり歴代選抜の面々のプレーに目を注いでしまいました。
ワシントンは、すっかりお腹が出て前半でガス欠状態になっていたけど2ゴールを決めるあたりは流石ストライカー。
昨年、来日した時は劇太りしていたロビーは、体を絞って戻ってきて動きにもキレがあった。
伸二のアイデアに富んだパス、達也のドリブル、都築の正確なキック、闘莉王の体を張ったDFなど、本当に懐かしく感じるものばかりでした。

勿論、暢久のプレーも引退したばかりだけど、まだまだやれるなと思うプレーが多く観られましたね。
試合は6−5でレッズ選抜の勝利。
暢久の背番号にあやかって6−6のドローにする演出かと思ったけどね。
息子とのマッチアップも楽しんでいたので、本人にとって最高の引退試合になったでしょう。
画像

画像

2週間後にはリーグ戦が再開します。
引退試合で見せた前半のメンバーが主体でリーグ戦を戦う事になりそう。
引退試合では李トップ、興梠シャドーだったけど、このフォーメーションで上手く行かなかったので、出来る事なら興梠と李のポジションは変えるべき。

リーグ戦再開後の対戦相手は田中達也率いるアルビレックス新潟。
引退試合では仲間に戻った達也が今度は敵として立ちはだかる。
あっという間に現実に引き戻されそうですね。


山田暢久引退記念フォトブック
ベースボールマガジン社
山田 暢久
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 山田暢久引退記念フォトブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
再びこんばんはです(笑)
土曜はお疲れ様でした。引退試合というよりレッズ同窓会みたいになっていましたが(笑)、しかしこういう引退試合も、楽しくて良いですよね。こういう形で送り出される暢久は、本当に幸せな選手だと思いました。
そして次の土曜からいよいよ本気モードのレッズが再開です。ここからまた、頑張って行きましょう!
うえ
URL
2014/07/07 19:16
 >うえさん
こんばんはです。
土曜日はお疲れ様です。
確かに引退試合というよりは同窓会の雰囲気でしたw
この引退試合を通じて暢久がレッズに残した功績の大きさを強く感じました。
W杯も終わるとJリーグも再開ですね。
元気が抜けたレッズですが、抜けた穴の大きさを感じないような試合を観たいです。
FREE TIME
2014/07/07 22:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山田暢久引退試合 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる