FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 6試合連続完封で首位キープ

<<   作成日時 : 2014/07/20 07:38   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第15節。
首位・浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてアルビレックス新潟との対戦。

ブラジルW杯による2ヶ月以上の中断期間が明けて久しぶりのJリーグ。
自分も埼スタへ行ってきましたが、試合開始1時間前から大雨・・・。
そのせいか、アウェーサポが多く駆けつける新潟戦にしては、ギリギリ3万人と客足も今一つでした。
画像

試合は前半8分でFW・興梠選手が負傷交代するアクシデント。
しかし、前半16分に相手オウンゴールで1点を先制。

後半になると完全なアルビレックスペースでレッズは防戦一方になるが、西川選手を中心とした守備と相手のシュートミスにも助けられて虎の子の1点を守り切っての勝利。
これで6試合連続完封とリーグタイ記録で首位をキープしました。
画像

正直、何とか勝てる事が出来た試合でしたね。
興梠選手が負傷交代した事で前線にボールが収まらず、中盤はレオ・シルバ選手によって支配される苦しい展開。
後半は完全な防戦で、いつ同点、逆転にされてもおかしくなかった。
それでも守り切れたのは、昨年との違いですね。

アルビレックスとはナビスコでも対戦しましたが、決勝点は今回同様にオウンゴール。
それにしても、あのオウンゴールは見事なくらいに鮮やかだったな・・・。

6試合連続完封と、昨年とDF陣のメンツが変わっていない事を考えるとウソみたいですが、やはり、その原動力は西川ですね。
前半にもやられたと思ったシーンを防いでくれたし、西川様様です。
サンフレッチェが3点差を追いつかれた現状を考えると、彼の存在は本当に大きいと思いますよ。
画像

原口選手の抜けた穴の大きさも感じる試合でした。
チームで1番点が取れる選手がいなくなった事で得点力不足も懸念されそうですが、彼のドリブルがなくなった事で攻撃の幅も狭くなりそう。
それと興梠と李忠成の差も感じる試合でしたね。

次節はアウェー・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムにて徳島ヴォルティスとの対戦。
ダントツ最下位のチームでホーム未勝利のチームだが、こういう試合で足元すくわれるケースが多いのがレッズ。
7試合連続完封も勿論ですが、新潟戦で消化不良だった分、それらをスッキリさせて次の鹿島戦に挑んでいけたらと思います。


浦和レッズ イヤーDVD2013
ビデオメーカー
2014-03-26
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 浦和レッズ イヤーDVD2013 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
昨日は雨の中お疲れ様でした。いよいよリーグ戦再開ですね。が・・・いやはや興梠が僅か8分で駄目になってしまった時は焦りましたが・・・敵のオウンゴールにも助けられ、そして守りきりましたね。
内容は悪かったですが、今季の方針である守備強化面が、こういう試合でも表れたのは大きいと思います。プラン通りとは言わないまでも、目指すものの成果が出ていると言っても良いでしょう。

後は李の使い方だけなんですよねぇ・・・。
うえ
URL
2014/07/20 10:11
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
興梠負傷交代のアクシデントがあったけど、それでも勝てた事で運も味方してくれましたね。
点を取られなければ負けないので、このまま無失点試合を継続してほしいと思います。
李の使い方はシャドーが理想ですが、梅崎がシャドーとして機能したらベンチスタートですね。
あそこまで拘って使うような選手ではないと思います。
FREE TIME
2014/07/20 20:52
何時もお世話になっております。

公式戦で同じチームに2試合連続オウンゴールが決勝点というのも浦和史上でもないのではないかと思います。一生懸命プレーした結果がオウンゴールなので責める事はできませんが、浦和にとっては自分のチームの選手が誰もゴールを決めなくても勝ち点3が手に入る非常においしい試合だったと思います。といううちも実は今季4度目のオウンゴール決着の試合でした。ちなみに4度の勝敗は2勝2敗うちに2敗は浦和です。
次の対戦では絶対に勝ち点3を自力で獲れるように挑戦致します。
PGM21
URL
2014/07/20 22:59
 >PGM21さん
こんにちは。
何とか勝てたというか、ようやく勝てたというか、正直、勝ったという実感は試合終了時には感じませんでした。
原口が抜けた事で攻撃力低下が懸念されますが、その分、失点しなければ勝てる要素が増えるので、当分は今のスタイルを継続できればと思います。
FREE TIME
2014/07/21 17:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
6試合連続完封で首位キープ FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる