FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS マリーンズが逆転勝利でカープ泥沼の9連敗

<<   作成日時 : 2014/06/14 23:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ブラジルW杯が開幕しましたが、日本のプロ野球もセ・パ交流戦の真っ最中。
今日はQVCマリンフィールドにて千葉ロッテマリーンズvs広島カープの試合を観戦してきました。

巷で取り上げられているカープ女子。
女子はともかくとしてマリンには大勢のカープファンが集結。
東京ドームでは、席割りの問題もあって、そんなに多く見かけないカープファンですが、レフトスタンドと三塁側が真っ赤に染まっていたのは圧巻でした。
画像

画像

今日のスタジアムグルメは、三塁側コンコースのラーメン屋「ちば魂」。
今回はカープ戦限定販売の「VSご当地ラーメン」の尾道ラーメン(980円)を購入。

あっさりした醤油ラーメンでした。
尾道ラーメンを食べるのは久しぶりなので、以前に食べた尾道ラーメンってこんな感じの味だったかなと思いながら食べていました♪
画像

マリーンズ・大谷、カープ・大瀬良の両投手の先発で始まった試合は、マリーンズが2,3,4回に1点ずつ取って3点を先行。
カープは今日も苦しい試合展開だったが、6回に1点返して2点差として、3番・丸選手が代わったばかりのマリーンズの2番手・松永投手から逆転3ラン。
しかし、その裏にあっさり同点とされて、試合は終盤へ。

4−4の8回裏にカープは3番手に中田投手を投入。
しかし、中田投手がマリーンズ打線を抑えられず2本のタイムリーを打たれて降板し、その後の投手も打たれて、この回4失点。
9回表の攻撃も、あっさり3者凡退で抑えられて試合終了。

マリーンズが8−4でカープの逆転勝ち。
敗れたカープは、これで9連敗で貯金は1に。
首位・ジャイアンツが勝ったので、ゲーム差は4.5にまで広がりました。
画像

交流戦開始まではセ・リーグの首位を独走していたカープが、交流戦に入った途端に急失速し、泥沼の9連敗。
打てない事よりも投手陣が崩壊状態なのが、今のチーム状態を示していると思います。
先発のルーキー・大瀬良投手も5回で100球に到達する程、制球に苦しみ、よく3失点で済んだと思う程の内容でした。
エース・前田健太投手も不調で、序盤の快進撃を支えていた一岡投手が故障で登録抹消。
今後も苦しい戦いが続きそうです。

マリーンズは、前カードから、再び打線が繋がってきたと思うけど、投手陣が不安定。
先発のコマも不足しているし、交流戦終了後の投手のやり繰りに苦労しそうです。
画像

明日は、W杯で日本戦がある関係で、15時試合開始に変更。
先発はマリーンズ・石川、カープ・バリントンの両投手。
カープは明日も負けると10連敗、貯金0になってしまうので落とせない試合ですね。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 球場ラヴァーズー私が野球に行く理由ー 01 (ヤングキングコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
マリーンズが逆転勝利でカープ泥沼の9連敗 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる