FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「春を背負って」

<<   作成日時 : 2014/06/27 22:16   >>

トラックバック 9 / コメント 0

映画「春を背負って」を鑑賞しました。

この映画は、「劔岳 点の記」の木村大作監督製作による人間ドラマ。
笹本稜平の小説を原作に、これまでの生活を捨て亡き父が遺した山小屋を継いだ青年と、それぞれに居場所を求め小屋に集う人々との交流や家族の絆を描く作品。

ストーリーは、立山連峰で暮らしてきた長嶺亨(松山ケンイチ)は、山小屋を経営する厳しい父・勇夫(小林薫)に反発し都会で暮らしていたが、父が亡くなったため帰郷する。
そこで気丈に振る舞う母やその姿を見つめる山の仲間、遭難寸前で父に救われ今は山小屋で働く高澤愛(蒼井優)らと接するうち、組織の歯車として働く今の生活を捨て山小屋を継ぐと決める。

「劔岳 点の記」から5年。(もう5年も経ったのか)
今回の作品も山をテーマにした作品で、舞台は同じ富山県の立山連峰。

タイトルは「春を背負って」ですが、どちらかというと冬や夏がメイン。
富山県なので冬は雪が降って雪山になるし、夏はハイキングで登山客も増える。
この映画を通じて山の魅力と怖さを改めて感じる事が出来ます。
雪山の怖さは勿論の事、夏山でも嵐によって行き場を失ってしまう。
自分が実際にあの場面に直面したらと思うと、空恐ろしくなります。

東京で投資会社の仕事をしている亨が父の死をきっかけに山小屋を継ぐ事を決める。
その背景には、今の仕事が嫌になった事もあるだろうけど、父の思いを背負う覚悟を決めた方が強いかもしれません。
最初はわからない事ばかりだった亨が、周囲の人に支えられて成長していく姿が話が進むにつれて見て取れるようになりました。

立山連峰の絶景がスクリーン全体に映し出される映像にも卒倒させられました。
都会育ちの自分としても、その美しく雄大な自然に心が洗われるような気持ちになりました。
あと、立山山中で携帯電話が、普通に使えていて驚きました(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画『春を背負って』観てきた(*´∀`*)
大自然の怖さと素晴らしさ。 この危険なロケをよくぞやってくれました。 美しく雄大な立山の映像を堪能できます。 ...続きを見る
よくばりアンテナ
2014/06/29 21:40
映画「春を背負って」@イイノホール
 試写会の客入りは7〜8割位、客年齢は高いが中高生位のお子さんたちも来場している。 ...続きを見る
新・辛口映画館
2014/06/29 22:07
春を背負って
公式サイト。笹本稜平原作、木村大作監督。松山ケンイチ、蒼井優、檀ふみ、小林薫、豊川悦司、新井浩文、吉田栄作、安藤サクラ、池松壮亮、仲村トオル、市毛良枝、井川比佐志、石 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/06/29 22:23
春を背負って
  監督は『劔岳 点の記』の木村大作。 ...続きを見る
花ごよみ
2014/06/29 23:54
劇場鑑賞「春を背負って」
山登りと、歩んできた人生は似ている… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2014/06/30 05:36
春を背負って
 『春を背負って』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2014/06/30 06:44
春を背負って
標高3000m――悠久の大自然に描かれる、 “家族”の物語。 製作年度 2014年 上映時間 116分 原作 笹本稜平 脚本 木村大作/瀧本智行/宮村敏正 監督 木村大作 出演 松山ケンイチ/蒼井優/檀ふみ/小林薫/新井浩文/吉田栄作/安藤サクラ/池松壮亮/仲村トオル/豊川悦司 立山連峰で暮... ...続きを見る
to Heart
2014/06/30 22:48
『春を背負って』 映画を観るのに大事なもの
 正直に告白しよう。  私は木村大作氏が苦手だった。  氏は名カメラマンである。美しい映像をカメラに収め、数々の名作映画を世に送り出した。その実績は誰もが知るところだ。  けれども、私は氏の仕事を敬遠してきた。氏の映像の素晴らしさを認めるのにやぶさかではないのだが、カメラマンが木村大作氏だと知ると、映画を観る気がなんとなく削がれたのである。 ...続きを見る
映画のブログ
2014/07/06 19:48
春を背負って
春を背負って &#039;14:日本 ...続きを見る
C’est joli〜ここちいい毎日を♪...
2014/08/18 22:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
映画「春を背負って」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる