FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 国立ラストゲームはドローで3日天下に

<<   作成日時 : 2014/05/07 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ第12節。
前節で首位に立った浦和レッズは、アウェー・国立競技場にてヴァンフォーレ甲府との対戦。

改修前の国立競技場でのJリーグの試合は、この試合がラストマッチ。
自分が他に用があって不参戦でしたが、国立に行ければ行きたかったですね。

試合はスコアレスドロー。
相手の引いて守る戦術を崩す事が出来ずに消化不良な試合内容だった様子。
アウェーで勝ち点1と最低限の結果は残しましたが、サガン鳥栖と首位が入れ替わって、3日天下に終わってしまいました。

鳥栖が勝ったと聞いた時点で、まさかとは思っていましたが、その「まさか」が現実になってしまうとは。
ある意味、レッズらしいと言えますねw

この4連戦で取ったゴールは4点で、そのうち3点はセットプレーで、試合の流れで取れたゴールも、むしろ個の力で取った感じのゴール。
過密日程による疲労の影響もあるかもしれないけど、今シーズンは流れの中での得点が少ないのが気になりますね。

この試合でも1トップに起用された李忠成選手は、ボールを収める事が出来ずに途中交代。
興梠選手を上げてから攻撃のリズムが出たようなので、この交代は妥当だったようですね。

昨年、1トップで貢献した興梠に代えて李忠成のワントップにこだわる監督の考えが、自分にはよく分かりません。
攻撃の停滞は李忠成一人の責任ではないけど、ポストプレーに関しては興梠の方が上。
それをあえて捨ててまで李忠成にこだわるのは何故なんでしょうか?

次節はアウェー・NACK5スタジアムで大宮アルディージャとの対戦。
現在、降格圏内とお約束の位置にしますが、ナクスタでは昨年、一昨年と負けているし、相手はダービーになると目の色を変えて戦ってくるので、こちらも相手に負けない気持ちで向かっていかないといけませんね。
W杯メンバー発表前の試合でもあるので、ほぼ当確の西川は勿論ですが、原口にもゴールを決めてアピールしてほしいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国立競技場の100年: 明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
改修前最後の国立で有終の勝利となってほしかったですが、それが叶わず心残りな試合になってしまいました。試合前はまさかこの期に及んで三日天下なんて・・・なんて思ってしまうとその通りになってしまうのが、やはりレッズらしいんですよねぇ・・・。

このモヤモヤは、次のダービーで完勝して晴らしましょう!
うえ
URL
2014/05/07 19:10
 >うえさん
こんばんは。
昨日は国立までお疲れ様でした。
まさに3日天下で終わってしまいましたね。
ある意味、レッズらしいけど負けなかっただけ良しとしましょう。
3日後のダービーは勝ちたいです。
FREE TIME
2014/05/07 22:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国立ラストゲームはドローで3日天下に FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる