FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 金子投手9回ノーヒットノーランも試合は巨人の勝利

<<   作成日時 : 2014/05/31 23:45   >>

トラックバック 1 / コメント 0

プロ野球セ・パ交流戦は5カード目。
京セラドームではバファローズvsジャイアンツの一戦。

パ・リーグ首位のバファローズとセ・リーグ首位のジャイアンツ。
先発はバファローズ・金子、ジャイアンツ・菅野と、ともに背番号19の対決。

試合は金子投手が立ち上がりから4者連続三振を奪うなど快調な投球に対して、菅野投手は再三のように得点圏に走者を出しながらも粘りの投球で両チームゼロ行進。
金子投手は9回を投げ切ってジャイアンツ打線をノーヒットノーランの快投を魅せるものの、打線も点が奪えずに9回裏へ。

9回裏にバファローズは金子投手の打順で代打を送るなど、サヨナラ勝ちへの執念を見せたが満塁のチャンスで無得点に終わり、試合は延長戦へ。
金子投手のノーヒットノーランは参考記録止まり。

延長11回表にジャイアンツはようやく初安打が出て先制のチャンスを作るが無得点。
その裏にバファローズが一死満塁とサヨナラのチャンスだったが、またしても無得点に終わり、ついに最終回へ。

延長12回表にジャイアンツが二死無走者から、この日から1軍昇格し即スタメンの亀井選手にホームランが飛び出してジャイアンツが待望の先取点。
その裏のバファローズの攻撃も久保投手が三者凡退に抑えて試合終了。
延長12回の総力戦は、終始押され気味だったジャイアンツがホームラン1本が効いて、パ・リーグのバファローズに勝利しました。

この試合をBS朝日でTV観戦していましたが、TVから離れる事が出来ないくらいの好ゲームでした。
金子、菅野両先発投手の投げ合いも見応えありましたし、延長戦に入ってからの攻防も観ているこちらも息苦しくなるくらい。
5時間超の試合を最後まで中継したBS朝日には天晴れですねw

9回を投げてノーヒットノーランの快投を魅せていた金子投手でしたが、打線の援護がなく記録も幻に。
ストレート、変化球ともに抜群の制球力で、ほとんど打てる球がなかったですね。
野球人生で1度あるかないかの快挙なだけに、どうせなら彼に記録をつけてあがってかったですね。

勝負を決めたのは亀井選手のホームラン。
打った瞬間は左中間真っ二つの二塁打コースかと思いましたが、意外にも伸びてスタンドへ。
キャンプでケガによる離脱から、ようやく1軍昇格しての最初の試合で結果を出せるのだから大してものです。
小山、中井、亀井と2軍から上がってきた選手が結果を出しているのだから、この時期になっても結果が出せない選手の起用法も考えるべきでしょう。

この試合の一昨日に原監督の父であり、菅野投手の祖父である原貢氏死去の訃報が飛び込んできました。
原監督としても菅野投手としても、この試合は絶対に勝ちたかった筈なので、菅野投手に勝ち星はつかなかったけど、チームは勝てて良かったと思います。

原貢氏は息子・原辰徳との親子鷹が有名ですが、三池工・東海大相模と複数の高校で全国優勝した実績を持ちアマチュア野球にも功績を残して人物。
謹んでご冥福をお祈りします。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
<NPBセパ交流戦>マリーンズは終盤に突き放されDeNAに敗戦(追記:色々)
マリーンズは敗北しています。 ...続きを見る
つらつら日暮らし
2014/06/01 09:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
金子投手9回ノーヒットノーランも試合は巨人の勝利 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる