FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 同級生バッテリーで同率首位決戦制す

<<   作成日時 : 2014/04/10 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球開幕して早2週間。
今日は仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsカープの同率首位対決を観戦しました。

初戦はカープ、2戦目はジャイアンツが勝っての3戦目。
両チームとも3カード連続勝ち越し中で、4カード連続勝ち越しにするのはどちらか。
先発はジャイアンツ・菅野、カープ・篠田の両投手。
画像

試合はジャイアンツが3,4回に1点ずつ得点し、対するカープはソロホームラン2本でたちまち同点。
同点にされたジャイアンツはすぐに坂本選手のホームランで勝ち越し。
8回には1点を追加し、リードを2点とするが、9回にカープが一打同点のチャンスを作るが二者連続三振に倒れて無得点に終わり試合終了。

ジャイアンツが4−2でカープに勝利し単独首位。
開幕から4カード連続勝ち越しを決めました。

開幕戦以来の観戦でしたが、ジャイアンツの先発は開幕戦同様に菅野投手。
スタメンマスクはルーキーの小林選手。
2人とも同い年で大学全日本ではバッテリーを組んだこともあるという間柄。

菅野投手はホームラン2本こそ打たれたが、先発投手の役割を果たして開幕3連勝。
小林選手は持ち前の鉄砲型で盗塁を2つ刺し、打っては3安打の猛打賞。
この2人が今日のお立ち台に上がったのも納得です。
画像

オープン戦から今年は飛ぶボール仕様なのではないかと思っていましたが、案の定、昨年よりも飛ぶボールを使用していた事が明らかになりました。
しかも規定の反発係数を上回る違反球。
2011年〜2012年は飛ばない違反球、今年は飛ぶ違反球。
何でその年によってボールの基準が変わってしまうのか。
ミズノは、何でそんなボールを製造していたのか、あまりにも理解に苦しみます。

今日の試合でも丸選手のホームランは「えっ?」と思ってしまうようなホームラン。
坂本選手と松山選手は文句なしのホームランですが、それでも上段まで飛んでいました。

他球場では点の取り合いが目立っていましたが、東京ドームの試合は1点を争う好ゲーム。
ホームラン以外にもファインプレーがあったし見応えのある試合でした。
今シーズンのカープは後ろの投手陣も安定しているので、面白い存在になるのではないかと思います。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2014年版プロ野球問題だらけの12球団 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
同級生バッテリーで同率首位決戦制す FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる