FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりの埼スタで4得点快勝

<<   作成日時 : 2014/04/07 00:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ第6節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてベガルタ仙台との対戦。

ホーム開幕戦以来の埼スタ観戦。
あの試合以降、多くの物を失ってしまった。
1からやり直す意味でも、大事な試合。

画像


スタジアム入りした時に、人種差別撲滅の宣誓書に署名しました。
引退した山田暢久もスタッフとして参加していました、

さて、試合の方はというと4−0でレッズの勝利。
序盤から優位に試合を進めるレッズは前半40分にリーグ戦初スタメンの李忠成選手の初ゴールで先制。
後半にも3得点を挙げ計4点。
画像

2010年に昇格して以降、勝てていなかったベガルタ相手に久しぶりの勝利。
勝ち点3を積み重ねました。

今季未勝利のベガルタ相手に4得点で勝利。
李忠成選手の移籍後初ゴールは、興梠-原口の連係で相手守備を崩してのゴール。
2点目は李の技ありループシュート。
3点目は宇賀神選手の左45度からのシュート。
そして、4点目は鈴木啓太選手の豪快なミドルとお腹いっぱいになりそうなゴールの連続でした。
画像

画像

画像

正直、スタメンを見た時は不安な点が多かったけど、FW起用の李忠成は2ゴール、興梠がシャドーでも機能する事を確認できたのは収穫です。
正直、李忠成獲得には否定的だった。
理由は元広島だからではなく、利己的な理由で所属チームをコロコロ変えていた事。
昨年、FC東京で出場機会に恵まれず、監督の悪口を言ってレンタル元に戻っていたし。
自分の思い過ごしであってくれる事を、これからのプレーで見せてほしいです。

一方でベガルタの状態は深刻である事も確認しました。
今季未勝利なのが頷けるくらいに、攻守ともにバラバラ。
INAC神戸同様に監督が変わった事で、チームが悪い方向に行ってしまいましたね。

そして、試合中にも関わらず応援そっちのけで後片付けをする仙台サポの姿に閉口させられました。
サポは試合放棄してどうするの?
一方でコールリーダー不在のレッズゴール裏は、声は出ていたけど纏まりと言う点では今ひとつ。
あれだけの数が揃わせるのは容易ではありません。
やはり、統制する人(コールリーダー)は必要だと思いますよ。

次節はアウェー・豊田スタジアムにて名古屋グランパスとの対戦。
今日の試合運びが出来れば、結果もついてくると思います。


山田暢久引退記念フォトブック
ベースボールマガジン社
山田 暢久
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 山田暢久引退記念フォトブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはです。
昨夜は寒い中お疲れ様でした。ナビスコに続き、リーグ戦でもようやく今季ホーム初勝利ですね。仙台の絶不調振りはありますが、それでも4ゴール完封勝ちは今後の自信に繋がると思います。

スタントはようやくLフラが解禁になりましたね。コールリード不在でやはり声がずれる時もありますが、ここは1試合1試合慣れて行ければ良いと思います。
うえ
URL
2014/04/07 19:24
 >うえさん
こんばんは。
昨日は寒い中観戦お疲れ様でした。
不調の仙台相手とはいえ、自分達の形で4点取れたのは良かったと思います。
埼スタのゴール裏は広いので、リードなしでどこまで出来るかわかりませんが、そこは、やはり慣れになりますかね。
FREE TIME
2014/04/07 21:30
久しぶりの埼スタで4得点快勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる