FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬼門・神戸でミス連発で逆転負け

<<   作成日時 : 2014/03/30 00:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ第5節・
浦和レッズは、ノエビアスタジアム神戸にてヴィッセル神戸との対戦。

ヴィッセルとは2年ぶりの対戦。
アウェー・神戸は2008年以降勝利がない鬼門の地。
ネーミングライツが変わった事で鬼門から脱却できるといいのですが。

試合は3−1でヴィッセル神戸の勝利。
前半35分にレッズが梅崎選手のゴールで先制するが、後半は一転して防戦一方。
後半15分にミスから同点に追いつかれ、33分にもミスから失点し逆転。
ATにはカウンターからトドメを刺されるゴールを決められ勝負あり。
今年もアウェー・神戸で敗れてしまいました。

試合はテレビのデータ放送とかTLで状況を確認していた程度だったのですが、前半と後半とでは両チームとも完全に別のチームになってしまった様子。
同点は森脇選手のミス、逆転は鈴木啓太選手のミスと、ミスの連続で守備崩壊。
何だか昨年終盤を思い出すような試合だったみたいです。
あと柏木不在も痛かったかも。

ペドロ ジュニオールに2ゴールを奪われ、トドメはマルキーニョス。
神戸に移籍してもマルキーニョスに決められるとは。
やはり点の獲れる外国人の存在は大事なのかもしれないと感じた試合でした。

それよりも気になったのは、試合前日に発表された全サポーターグループの解散。
当然、この試合でもコールリーダー不在だったようですが、相手サポより声量は上回っていたようです。
ただ、応援に統制が取れていたのかというと、どうだったのでしょうか?
キャパの大きい埼スタで統制が取れるのだろうか?
こういう事ばかりが目立ってしまって、選手達も試合に集中出来ていない部分が大きいかと思います。

5試合終了時点で2勝2敗1分け。
順位も下位で得点数も試合数と同じ5。
監督の選手起用にもお気に入り優遇と取られても仕方ない部分があります。
正直、森脇選手の良さがサッパリわからないし、李忠成選手を起用すると逆にリズムが悪くなっていると感じるのは自分だけでしょうか?

次節は、ナビスコを挟んで埼玉スタジアムにてベガルタ仙台との対戦。
相手は今季未勝利のチームですが、2010年に昇格して以降は1度も勝てていないので油断は禁物。
日曜ナイターでBS中継がありますが、無観客試合での損失を少しでも埋め合わせしなければいけないので、次節は埼スタへ行きます。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by RibbonMagnetサッカーシリーズ/ヴィッセル神戸 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
試合はミシャサッカーの駄目な部分全開の内容でしたね。何試合かに必ず巡ってくる同じようなミス失点、正直これがあるのでミシャのままでは・・・っていう感じになってしまうんですよね。また何試合後にも同じミスが待っている事でしょう・・・。
うえ
URL
2014/03/30 10:28
 >うえさん
こんにちは。
あれだけゴール近くでミスをしているようでは、相手に得点をプレゼントしているようなものですね。
自分もミシャには限界を感じていますが、一方でレッズの監督を引き受けてくれたミシャにタイトルをもたらしてあげたいとも思っています。
その為には、調子のいい選手と悪い選手の見極めと、お気に入り選手起用を改めてもらいたいところです。
FREE TIME
2014/03/30 13:23
鬼門・神戸でミス連発で逆転負け FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる