FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年の総決算といえる守乱で大敗 暢久20年間ありがとう

<<   作成日時 : 2013/12/07 20:32   >>

トラックバック 1 / コメント 4

Jリーグ最終節。
4位・浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてセレッソ大阪との対戦。

いろいろあった2013年シーズンも今季で最後。
前節敗れて優勝の可能性が消え、ACL圏外の4位に転落したレッズ。
2位・広島と3位・鹿島が直接対戦するので、勝てば必然的に3位以上でフィニッシュできるし、ホーム最終戦、山田暢久選手の送別試合という意味でも負けられない試合。

チケットが完売したとの事なので、朝早くスタジアム入り。
開門まで時間があったので、南広場で一度試してみたかったクレーン車で上空400メートルからスタジアム周辺を一望してみました。

自分は高いところが苦手ですが、上空から眺める埼スタは壮観だったし、埼スタから程近い浦和学院の校舎や、遠くから眺めるさいたま新都心にも目を奪われました。
でも、出来るだけ下は見ないように・・・。
画像

さて、試合の方はというと5−2でセレッソ大阪の勝利。
前半24分に原口選手のゴールで4試合ぶりに先制したが、前半40分とアディショナルタイムに失点を喫し、あっさり逆転されて前半終了。

後半も柿谷選手に2ゴールを奪われるなど3失点で計5失点。
興梠選手にゴールが出たが焼け石に水。
ラスト3試合で、まさかの3連敗、
11月以降の4試合で計15失点と、完全に守備が崩壊。
まさに今シーズンの総決算ともいえる守乱で、最終順位も6位に終わってしまいました。
画像

逆転優勝、ACL出場権獲得どころか、最終順位は6位。
前節まで最低順位が4位だっただけに、最後の最後で1度も落ちる事のない順位にまで落ちてしまったのだから、言い訳はできないし、擁護のしようがありません。

元気の豪快なゴールで先制した後で、柏木が決定的な場面でのシュートを大きく外してしまったのが痛かったですね。
2点差にしていたら、大分、楽に戦えていたと思います。

そして、何点リードがあっても足りないと思えるような守備陣。
那須、槙野、森脇の最終ラインでは危険度が高いし、阿部が終盤に精彩を欠いていたのも痛かった。(GK・山岸はよくやっていたと思う)

優勝したサンフレッチェ広島はリーグ最少失点。
ミシャから森保監督に代わってから守備を強化してのリーグ連覇したという現実を、ミシャは、どう受け止めるのでしょうか?
安易に外から補強すればいいってもんじゃない気がします。

試合後のセレモニーでは、橋本社長がブーイングされたが、自分にはこのブーイングが理解できなかった。
今シーズンのフロントには落ち度はなかった。
むしろシーズン終盤の失速は、監督と選手の問題であると思っています。
サポーターだってチームの足を引っ張る事をしたせいで、クラブは多額の罰金を支払わされた。
サポが変わらない事には、同じ過ちの繰り返しだと思います。

そして、今シーズン限りでチームを離れる永田拓也、野田両選手の挨拶を行い、最後に20年間レッズ一筋でプレーしていた山田暢久選手の挨拶が。
てっきり昨年のようにゴール裏でやるかと思っていたけどね・・・。

ゴール裏のビジュアルは壮観でした。
来季の進路は未定との事ですが、引退するにしても、他クラブでサッカーを続けるにして、山田暢久は浦和のレジェンドです。
画像

画像

昨年より順位は下回ったが、勝ち点は昨年より3つ上回り、優勝の可能性を感じさせたシーズンでもありました。
その点については監督や選手達に感謝しています。
シーズン総括に対する記事が、後日アップデートする予定です。


一途―山田暢久20周年メモリアルBOOK
ベースボールマガジン社
山田 暢久
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 一途―山田暢久20周年メモリアルBOOK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
■[W杯ブラジル]いよいよだ勝機は十分な組み合わせ・・・・ザックさんたのみます
コロンビア代表は、2014年ワールドカップ・ブラジル大会で日本と同じグループCに入った。ホセ・ペケルマン監督は、厳しいグループステージを予想している。  グループCは日本とコロンビアのほかに、ギリシャとコートジボワールがいる。予想していたよりも良い抽選... ...続きを見る
癒(IYASHI)
2013/12/08 10:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何時もお世話になっております。

非常に厳しい結末になってしまいましたが、やはり1番の問題は諦めるような発言をした監督に大きな責任があると思います。監督が諦めると選手も諦める気持ちになってしまうものなのでそういう気持ちになったら終わりという事を知ったシーズンだったのではないでしょうか?
社長に責任?選手を十分獲得しチームを黒字化した社長をブーイングとは私も理解できません。むしろ前社長の負債を無くした貢献を感謝してもこの成績にブーイングする理由はないでしょう。サポーターも経営と成績をごっちゃにしちゃいけません。
うちは後半戦1位という事で最後まで笑顔で終わりました。もちろん達也が32試合リーグ戦に出場できた事でチームに大きく貢献してくれました。
来季は国内からのスタートですが来季こそ勝ち点3以上獲得できるように強い浦和に挑みますので来季もよろしくお願い致します。
PGM21
URL
2013/12/08 08:14
おはようございます。
先ずは今シーズンも大変お疲れ様でした。まだ落ち着いていないので上手くは言えませんが、こういう危険なサッカーに終始しての成績以上、ミシャにとっての来季は、タイトルに向けたラストチャンスイヤーだと思っています。

ちなみに社長に対してはブーイングもありましたが、拍手も多かったですね。ただ「来季もミシャ監督とともに」と言った途端に大ブーイングになったのが、今のサポのミシャに対するイメージを明確に表していたと思います。
うえ
URL
2013/12/08 11:17
 >PGM21さん
お世話になっております。
新潟さん、最終順位は7位で過去最高の勝ち点と最高の形で締めくくれましたね。
東口選手の去就が気になりますが、それでも、来季の新潟さんは要警戒です。
来年のレッズは、序盤の出来次第では、また同じ過ちを繰り返す事になりそうですが、ミシャ体制の3年目をサポートしていく気持ちには変わりありません。
今シーズンはお疲れ様でした。
FREE TIME
2013/12/08 17:33
 >うえさん
こんばんは。
今シーズンはお疲れ様でした。
タイトル獲得のチャンスを悉く苦し、挙句の果てには来季へは不安な気持ちばかりを感じるシーズンになってしまいました。
自分は橋本社長には野田選手の名前を言わなかった部分だけにはブーイングしました。
社長にとって選手は部下なのだから、フルネームぐらい覚えておけよと(汗)
FREE TIME
2013/12/08 17:37
2013年の総決算といえる守乱で大敗 暢久20年間ありがとう FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる