FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜Fマリノスとサンフレッチェ広島が決勝進出

<<   作成日時 : 2013/12/29 18:48   >>

トラックバック 1 / コメント 0

天皇杯サッカー準決勝。
横浜Fマリノスとサンフレッチェ広島が勝利し、元日の決勝戦にコマを進めました。

日産スタジアムでは横浜Fマリノスvsサガン鳥栖が対戦。
試合は両チームとも決め手を欠き、無得点のまま後半も終盤へ。

残り5分を切った後半41分にマリノスが素早いパスワークから、最後は兵藤選手が押し込んでマリノスが待望の先制点。
終了間際には中村俊輔選手のダメ押しゴールが決まり、試合はマリノスが2−0で勝利。
天皇杯では21年ぶりとなる決勝進出を決めました。

後半途中からのTV観戦でしたが、最後は地力に勝るマリノスがサガンを退けての勝利。
先制点は繋いで決めて、追加点は中村選手の個人技から。
リーグ戦では、あと一歩のところで優勝を逃がしただけに、天皇杯にかける気持ちが強そうです。

しかし、ワントップで出場していた藤田選手が不用意なプレーによる警告で累積2枚目。
決勝戦のピッチに立てなくなってしまいました。
今季限りのマルキーニョス選手が帰国しているので、マリノスとしては決勝戦で誰をFWで起用するのか頭を悩ませそうです。

準決勝もう1試合は国立競技場にてFC東京vsサンフレッチェ広島との対戦。
試合は両チームとも点が取れないまま、延長戦でも決着がつかず、勝負はPK戦へ。

PK戦でサンフレッチェは2人外して、FC東京は4人目が決まれば勝負ありという場面で、ここからドラマが。
サンフレッチェのGK・西川選手がFC東京の4人目を止めて、自らがサンフレッチェ4人目のキッカーとして決め、続くFC東京の5人目を止めてタイに。
西川選手は7人目も止めて、後攻のサンフレッチェは7人目のキッカーが決めて勝負あり。

サンフレッチェ広島がFC東京とのPK戦を逆転で制し、6年ぶりとなる天皇杯決勝進出。
リーグ戦との2冠まで、残り1勝としました。

両チームとも得点の雰囲気が感じられなかったので、PK戦になると思ってしました。
広島が2人外した時は勝負あったかなと思いましたが、守護神・西川選手が止めて決めてと1人で試合の流れを変えてくれましたね。
移籍の話が出ている西川にとっては、広島サポの最高の置き土産になったのではないでしょうか(謎)

FC東京もあと1人決めていれば勝利という場面での逆転負け。
4人目はルーキーではなく、ここで決めるという意味でもベテランか中堅の選手に蹴らせるべきだっと思います。
もう1つの敗因が、瓦斯サポが試合中にも関わらず「お正月」を歌っていた事かと思います。
あそこのサポーターには、いいイメージがないので、負けた時は正直「いい気味だ」と思いました(汗)
せめて、FC東京の選手がPKを蹴ろうとしている時は、静かに見守るべきだったと思いますよ。(そこが浦和サポとの違い)

これで、元日の決勝戦は横浜Fマリノスvsサンフレッチェ広島に決定。
リーグ1位のチームと2位のチームによる決勝カード。
これでリーグ4位・セレッソ大阪のACL出場も確定しました。
サンフレッチェが2冠を飾るか、マリノスがリーグ戦の借りを天皇杯で返すか。

今回の決勝戦が最後の国立決戦であり、最後の元日決戦。
好ゲームを期待したいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サッカー天皇杯13準決勝横浜FマリノスMF中村俊輔の芸術的シュートで!サンフレッチェ広島GK西川の神...
29日サッカー天皇杯2013準決勝が行われ、横浜Fマリノス対サガン鳥栖戦は後半41分にMF兵藤のゴールで勝ち越し、終了間際にMF中村俊輔のゴールで試合を決めて21年ぶ ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/12/29 23:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
横浜Fマリノスとサンフレッチェ広島が決勝進出  FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる