FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 逆転で2年ぶりナビスコ杯決勝進出

<<   作成日時 : 2013/10/13 07:51   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ナビスコカップ準決勝。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムで川崎フロンターレとのとの2戦目。

先月のアウェーゲームを2−3で落としたレッズ。
逆転で決勝進出するには1−0、2−1若しくは2点差以上つけて勝つのが条件。
リーグ戦では最高得点を誇るフロンターレの強力な攻撃陣相手に失点を抑えて勝てるかがカギとなる試合。

試合は1−0でレッズの勝利。
前半から優位に攻めながら、1点がなかなか奪えず、後半も残り10分となったところで、途中出場の関口選手からのクロスを興梠選手が足で押し込んで待望の先制点。
この虎の子の1点を守り切って、2戦合計3−3。
アウェーゴールで上回るレッズが2年ぶりにナビスコ杯決勝進出を決めました。

夕方に都内で用があったので、今回の試合は不参戦。
深夜のフジテレビの録画中継で試合の様子を確認しました。
川崎サポが、かなり埼スタに集結していましたね。
リーグ戦でも、あそこまでアウェーエリアは拡大されていないし・・・。

レッズが一方的にボールを支配しながら、相手GKの好守もあって決めきれず。
こういう試合では点が取れないと焦りだし、逆に相手のカウンターを食らうものだが、後半35分に待望の先制点。
決勝進出する為には、相手を無失点に抑える事も大事だったので、この試合に関しては、いい時間帯に先制点を決めてくれましたね。

決勝点を決めた興梠選手。
難しい角度から、よく決めてくれました。
これで、来週の古巣・鹿島戦には最高の状態で臨んでくれるでしょう。

本来ならガンガン攻めてくる筈のフロンターレが、なかなか攻めてこなかった。
それとも攻めていけなかったのか?
大久保の体調不良、中村憲剛の途中交代と攻撃の核となる選手のアクシデントもあったとはいえ、フロンターレの攻撃陣を無失点に抑えたのは、この後の試合でも大きな自信になったと思います。

もう一方の準決勝は柏レイソルが勝利。
これで決勝戦のカードは浦和レッズvs柏レイソルに決定。
チケ争奪戦は必至ですが、2年前に味わう事が出来なかった優勝の歓喜を国立で味わいたいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
これ以上ない理想的な展開での勝利。鳥肌ものの勝利で、ついに決勝進出を果たしましたね。あの時間帯に決める展開は、ドラマのようでした。そしてレッズらしい攻めでした。
らしいといえは、川崎が始めからのドン引き戦法。川崎らしくない消極姿勢が意外でした。川崎サポも沢山入っていただけに、川崎としては不本意だったとは思いますね。
うえ
URL
2013/10/13 09:02
 >うえさん
おはようございます。
理想的な逆転勝利で決勝進出。
これからの戦いに向けても意味のある勝利でしたね。
川崎の戦術はよくわかりませんが、らしくなかったのはTV中継でもわかりました。
川崎とは11月にも対戦があるので、今度はガチの勝負を見たいです。
FREE TIME
2013/10/13 10:06
逆転で2年ぶりナビスコ杯決勝進出 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる