FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 長野選手サヨナラホームラン 巨人が阪神に3タテ

<<   作成日時 : 2013/08/29 22:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

連勝でマジックを再点灯させたジャイアンツ。
今日も東京ドームでジャイアンツvsタイガースの伝統の一戦。

東京ドームの伝統の一戦も、これで今季最終戦。
ジャイアンツが一気に3タテするか、それともタイガースが一矢報いるか。
先発はジャイアンツ・澤村、タイガース・能見の両投手。

試合は4回にタイガースが5番・新井兄選手のタイムリーで先制し、6回には4番・マートン選手のホームランで追加点。
タイガースの先発・能見投手は立ち上がりこそ不安定だったが、尻上がりに調子を上げて7回までジャイアンツの強力打線を無失点に抑える好投。

8回にジャイアンツが先頭の代打・矢野選手が二塁打で出塁し、二死後、亀井選手のタイムリーで1点を返し、9回には坂本選手の犠牲フライで同点に追いつき、試合は延長戦へ。

延長10回表のピンチを脱したジャイアンツは、その裏に長野選手がタイガースの3番手・松田投手からレフトスタンドに突き刺さるサヨナラホームラン。
延長10回の末にジャイアンツが3−2でタイガースにサヨナラ勝ちし、同一カード3連勝。
ゲーム差を8に広げ、優勝へのマジックを23に減らしました。

今日の試合は日本テレビの地上波でTV観戦。
視聴者が選ぶ歴代ベストナインの特集もイニングの合間に発表していました。
正直、歴代ベストナインにはふさわしくないと思う選手が何人かいましたね。
現代なら納得しますが・・・。

試合は能見投手の好投で、このままタイガースが逃げ切るかと思ったのですが、終盤にジャイアンツが粘って同点。
9回のマウンドも能見投手に任せたのは間違いではなかったと思いますが、先頭に二塁打を打たれた時点で交代を考えても良かったかと思います。
投手起用は本当に難しいですね。

5ゲーム差で迎えた首位攻防戦でしたが、結局、ジャイアンツの3連勝。
ローテーションを崩してまで、この3連戦に懸けたタイガースとしては3連敗は大誤算でしょう。
明日から甲子園に戻りますが、このショックは尾を引きそうな気がします。

正直セ・リーグの優勝争いは、これで8割方決まったかなと思います。
パ・リーグは、まだひと山ありそうな気がしますが、イーグルスが優位な事には変わりないですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
長野選手サヨナラホームラン 巨人が阪神に3タテ FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる