FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS ジュビロに再び劇的逆転勝利で連敗脱出

<<   作成日時 : 2013/08/01 00:14   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグ第18節。
4位・浦和レッズは、アウェー・エコパスタジアムにてジュビロ磐田との対戦。

東アジア杯による中断明け最初の試合。
直近の2試合で連敗し4位に転落したレッズが、連敗脱出をかけて挑む試合。
韓国戦でフル出場した原口選手はベンチスタート。
そして今日、誕生日を迎えた興梠選手のゴールに期待。

試合は0−0で迎えた後半19分にジュビロが駒野選手の個人技によるゴールで先制。
このままジュビロ1点リードで後半も残り10分を切ったが、後半38分に途中出場のマルシオ選手のゴールで同点。
そして、ロスタイムに突入した48分には森脇選手のミドルシュートが豪快に決まった逆転。

これが、決勝点となり2−1でレッズの逆転勝利。
順位は4位のままで、首位・広島との勝ち点差も5のまま。

現在、Twitterが謎のアカウント凍結を食らってしまい、TLで試合内容を確認する事ができず。
そういう訳で、TVのデータ放送で試合内容をチェックしていました。
今週末までにアカウント凍結が解除されていればいいのですが・・・。

4月のホームゲーム同様に先制点を奪われながらも、終盤に追いつき、最後に勝ち越しての逆転勝利。
監督が代わったとはいえ、ジュビロのサッカーの本質は変わっていないようです。

試合内容はよくなかったみたいですが、まずは連敗脱出する事が第一だったので、勝てて何よりです。
ただ、途中で下げられた永田、宇賀神の出来が酷かったみたいですね。
代わって入った選手を見ていると、2人とも懲罰で交代されたような感じですね。

決勝ゴールを決めた森脇選手。
東アジア杯では出番が少なかったけど、この試合では最高の働きをしてくれました。
次節は彼にとって特別な試合になるけど、再び最高の仕事をしてくれる事を期待しますよ。

次節はホーム・埼玉スタジアムにて首位・サンフレッチェ広島との対戦。
開幕戦では広島に完勝したが、当時は故障などで欠場した選手も戻っているし、夏場の連戦を勝ち続けているので、開幕戦のようにはいかないと思います。
それでも、広島にとって埼スタは鬼門の地なので勝って勝ち点差を縮めておきましょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
降格圏内の磐田相手に危険なシュートを何度も許すなど、決して良くない内容ながら、先ずは連敗を止めて勝てた事が大きいと思います。
強引にでもシュートを撃つ姿勢は、やはり大事だと感じた森脇の劇的ゴールでした。
うえ
URL
2013/08/01 07:02
こんばんは。
試合内容はよくわかりませんが、勝てた事が最大の収穫です。
森脇のゴールは豪快で鮮やかでしたね。
次節の古巣・広島戦でも大活躍を期待しています。
FREE TIME
2013/08/01 22:12
ジュビロに再び劇的逆転勝利で連敗脱出 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる